Google Adsense考:Criteoはブロックすべき?

pocket-watch-1637393_600
Googleアドセンスの広告ブロックについて検索すると「Criteoは単価が低いのでブロックすべし」「ブロックしたら収益アップ」などとまことしやかに書いているサイトが多数見つかる。それが事実なのかちょっと考えてみようというお話。

実際Criteoのクリック率はけっこう高いのでブロックすべきか自分も少し悩んだしね。具体的な数字は出すとマズそうなのでやめておく。算数レベルの考察であり、何かものスゴイ情報が見れるんじゃないかと思った人はガッカリするかもしれない。

CPCじゃないよCPMだよ

まず『クリック単価が低い』というのは間違いである。パフォーマンスレポートの「広告ネットワーク」「入札単価タイプ」をクリックがある毎にチェックするとわかるが、CriteoやAmazonはCPM(Cost per Mille)という1回表示される毎に報酬が出る形式で出稿している

つまりクリック単価が低いどころか0円である。こんなチェックは零細ブログでなければ面倒でやってられないだろうからしょうがないか。
(商品を並べたいわゆるECサイト系の広告はだいたいCPM広告と思ってよいようだ。)

クリック単価が低いといっているのはCriteoがあげた収益をクリック数で割って算出しているのだろうか?それをGoogle AdWordsの平均単価と比較すると確かに低い数字が出る。Criteoをブロックすれば1クリック0円がなくなるぶんサイト全体でのクリック1回あたりの平均単価は上がるといえなくもないが…

ほんとに低い?

CPM形式なのだからクリック数ベースで算出した数字と比較するよりも、表示回数ベースで比較すべきじゃないかと思う訳ですよ。

そこで実際にあげた収益と表示回数の比率を計算して広告ネットワーク別に表示1回あたりの収益を算出する(とりあえず期間は1年間で計算)。そうするとうちのブログではCriteoがGoogle AdWordsの2倍近い数字を叩き出すのですわ。他にもブロックすべしといわれるAmazonでもCriteoとAdWordsの中間ぐらいでこれも高めといってよい。

この数字を見る限り、うちのブログではCriteoをブロックしないほうが良いという風にしか読めない。

ただし、うちはごちゃ混ぜブログなので元々の広告単価の平均が低めである。ジャンルを絞って高単価な広告が配信されるようにしているサイトではまた違った数字が出るかもしれない。ま、自分のサイトでどうなのか実際に計算する事を薦める。その際は期間を長めにとってできるだけ誤差が少なくなるよう注意。

止めをもひとつ

これは有名だからみなご存知だと思うが、そもそもGoogle Adsenseってのはオークション形式で配信される広告が決まる。そしてCriteoが表示されるって事は一番高い単価を提示したからなんですよね。つまり、ブロックするかなんて悩むまでもないというか……

トータルでのCriteo表示回数もわずか数%(うちの場合5%以下)と高がしれてるので「Criteoが表示されてなかったら他の広告が…」などと考えるのは確率的に非現実的じゃないですかね。「わずかな数字でも積み重ねていくのが大事だ」という意見もあるだろうが、それなら表示だけで収益があがるCPM広告の堅実さも認めるべきだ。

表示された商品に興味があってクリックしているのだろうから、クリック先での滞在時間なども悪くないだろう。そう考えるとスマートプライシング的にも良いはずではなかろうか。

ついでにAmazon

「AdsenseのAmazon広告クリックでAmazonアソシエイトのcookieが上書きされちゃう」などにしても同じ事がいえる。上書きされて損をするケースがどの程度の確率で起こるのか考えたら、それが収益に大きく影響するとはとても思えんのです。cookie有効期間が1日と短いAmazonは特にね。

数%の確率で表示される広告、クリック率も1%程度?それがたまたま自分のサイトで商品リンクを踏んでいた人で、しかも未購入かつcookie期限内である確率がなんぼかと…

リピーターが多かったり直帰率が低く商品リンクによる収益がメインのサイトでは事情が変わるかもしれない。しかし、そういったケースでも同じような感じで広告表示1回あたりの期待値を求めて比較できるはずだ。まあ、そういうサイトではAmazonをブロックするしないよりクリックを分散させないためにAdsennseを貼るかどうかを悩むべきだとは思うけど。

結論

…という訳で自分の結論としては結局Googleの言う通り広告は基本的にブロックしないのが一番。特にバズった時などは非常にクリック率が悪い、そんな状況でもCPM広告は1回表示される毎にわずかながら収益を安定して出す。

ブロックするならダウンロード系のいかがわしい広告、いまだに配信されるFlash広告などだけで充分。

何にせよ他人の書いた記事に踊らされずに自分でちゃんと計算して期待値をはじき出す、これが大事ですよ。広告ユニットの配置にしても同じ事がいえる。



まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量256GBレンタルサーバー『HETEML


PAGE TOP
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!