熱中症対策グッズ(アームカバー・スカーフetc)

熱中症対策に自分であれこれ使用した経験では、スポーツ用品が効果・使用感共に高い。Tシャツなんかも普通の服屋で売っているものよりWiggleやEvans Cyclesで買ったMTB用の半袖ジャージ(形はTシャツ)のほうがはるかに涼しく、着心地もサラっと快適。吸汗速乾のアンダーシャツもユ○クロなんかよりスポーツ用品店で買ったもののほうができはいい感じ。

アームカバー

真夏の自転車長距離走行の必需品。日光を遮り、毛細管現象で汗を吸上げて蒸発する時に気化熱で冷却効果を得られる。オバサンチックで見た目があまりよろしくないが非常に効果が高い。

風のある状態が一番冷却効果を感じるが、炎天下なら装着しただけでも日陰に入ったぐらいの涼しさを感じる。腕の遮光効果はバカにできない。

水で濡らすと冷却効果が大幅アップ、水筒・ボトルの水を振りかけると効果的。雨に降られたりすると冷えすぎて寒いというか凍えるぐらい。

自転車・スポーツ用品メーカーの製品が薄手でよろしい。安物は縫製が良くなかったり耐久性が怪しいがお試しにはじゅうぶん。自分が最初に買ったのはワイズロードで千円の安物だったがなかなか効果的でお代のもとはとれたと思う。

一般向けっぽいメーカーの製品はCOOLMAXとかの素材を使っていても布地に伸縮性がなくて密着しなかったり、フリーサイズしかなかったりするので価格が安くてもお薦めしない。

サイズが合わないと悲惨なので実物が置いてあるお店で試着すること。緩いとすぐにずり落ちてくるし腕に密着しないので冷却効果が薄れる。色は好みで、グレーが無難かねぇ。白は汚れが目立つし、黒は汗で塩をふくのが目立つ。

熱中症防止スカーフ

『しろくまのきもち』をはじめ、色んなメーカーから類似品が出ているがどれも見た目がよろしくない。

使用直前にスカーフを水に濡らして、内部に詰まっている高分子ポリマーに水分を大量に含ませる。やっている事は濡れタオルを首に巻くのと同じなのだが保水量が多いため涼感が長持ちする。頚動脈を冷やすのでショボい見た目の割に効果はそれなりにある。

使用上の注意は乾かそうとしてもなかなか乾かないし、高分子ポリマーが汗を吸ってしまうので臭いに気をつけないといけない。つまり通勤・通学の往路で使ってしまうと後の取り扱いが面倒。

どちらかというと外で使うよりも室内でこれを巻いて扇風機にでも当たっているのが向いているんじゃないのかな。

スポーツドリンク

そのままだと濃すぎるので2倍程度に薄めたほうがよい。人口甘味料は使っていない物のほうが後口がさっぱりしている。単に喉の乾きを癒やすためなら清涼飲料水でも構わないが、熱中症対策としては発汗で失ったミネラルなどの補充のためスポーツドリンクやそれに類するものを。粉末を水に溶かすタイプのほうが安価。

スポーツドリンクではなくただの水やお茶・麦茶の類で水分を摂る場合は塩分補給のため塩飴などが必須。ナトリウムの錠剤が薬局で売っているのでそちらを服用してもいい。

今のお気に入りはアサヒの『スーパーH2O』。ものすごくうさんくさい「いかにも水」っぽい風味がたまらなく飲みやすい。

 
スポンサーリンク

PAGE TOP
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!