マンガ,

タイトル通りの消防・レスキューものマンガ、ワイド版で全11巻。曽田正人の作品お薦めをあげろといわれたら確実に上位に入る。見所としては「自分の勘を信じて行動に移す主人公」。くだらない決まり事をぶち壊して最適と信じたルートを突き進む様にカ ...

マンガ

追記部分が長くなってきたので記事を分割しました。

前記事が昨年11月にSNSで拡散されたようで過疎ブログとしては異様なほどのアクセスがあって腰を抜かしました。ぶっちゃけた話、拡散でナニコレ?とならなかったら存在そのものを忘 ...

マンガ,

新谷かおるの作品の中ではマイナーなほう?ラリーを題材にしたマンガって珍しいんじゃないかな。『バランサー』と同じくどう見ても打ち切りものですが、あちらと違ってグダグダではありませぬ。

全5巻と短く内容もそこそこまとまっている ...

マンガ

そこそこ面白いが、はっきりいって最初の1~2巻ぐらいまでの印象は良くなかった。読み進めていくとじわじわ評価が上がってく感じなので、まとめて4~5巻ぐらいまでは読んだほうがいいかも。でもあまり期待しすぎちゃダメです。

話の基 ...

マンガ,

諸星大二郎としては珍しい長編。西遊記をわりと現実的に再構成している作品である。猪八戒や沙悟浄は普通の人間だし、悟空もほぼ常人で觔斗雲にも乗らないし、分身の術のような仙術も使わない。

序盤は天界で大暴れの場面も唐の長安になっ ...

マンガ,

新谷かおる作品は基本的に好きなのだが、これはちょっとアレな作品。週間少年サンデー掲載だったが、謎の路線変更で訳のわからん作品になっている。

タイトルからして色々な勢力間のパワーバランスをとる調整者というような意味合いだった ...

小説

評価をつけるとすると5点満点中の4点ぐらいか。
町の幽霊屋敷に引越してきた吸血鬼によってセイラムズ・ロットという町がいかにして滅んだかという話である。物語としては面白いのだが新しい要素とか科学的な考証・解釈みたいなものは特にな ...

マンガ,

何はともあれめでたい。
異様に刊行ペースの遅いマンガも色々あるが、その中でもトップクラスだなぁ。お気に入り度もトップだからいいんだけど。しかし何年ぶりだ、これ?その前の単行本、ページの端がもうヤケちゃってるわい。

...

小説

西尾維新の作品って人工臭がすごいから実写ドラマとか向いてないと思うんだが。掟上今日子のシリーズはそういう意味では比較的マシか。『戯言使い』みたいにヘンな方向に「まだ」いってないし。何となく実写化された図をイメージしてみた感じでは悪くな ...

マンガ,

『神戸在住』「巨娘』の作者が描く柔道?マンガ。面白かったのにあえなく打ち切り。近年で打ち切られて残念マンガの個人的ベスト10に入る。丹念に組み上げていった物語が途中でぷつんと切られるのは何とも勿体無い。ケンシロー先輩とか男前すぎて惚れ ...