小説

評価をつけるとすると5点満点中の4点ぐらいか。
町の幽霊屋敷に引越してきた吸血鬼によってセイラムズ・ロットという町がいかにして滅んだかという話である。物語としては面白いのだが新しい要素とか科学的な考証・解釈みたいなものは特にな ...

小説

西尾維新の作品って人工臭がすごいから実写ドラマとか向いてないと思うんだが。掟上今日子のシリーズはそういう意味では比較的マシか。『戯言使い』みたいにヘンな方向に「まだ」いってないし。何となく実写化された図をイメージしてみた感じでは悪くな ...

小説

小学生の頃、親に買ってもらって何度も繰り返し読んだ本。衣装箪笥に入ったりとかよくやった。とても好きだったのだが、今になって見ると子供の時は色々と見落としていた描写が多い事に気づく。ネタバレ?全開なので未読のかたには申し訳ない。 ...

小説

西尾維新の『掟上今日子の推薦文』を読んだ。忘却探偵掟上今日子の2作目である。前作の短編連作形式と違って今回はプロローグにあたる短編とその続きの本編の2部構成で語り手も新キャラになった。推理物としての内容はともかく、細かい描写が気になっ ...