小説

小学生の頃、親に買ってもらって何度も繰り返し読んだ本。衣装箪笥に入ったりとかよくやった。とても好きだったのだが、今になって見ると子供の時は色々と見落としていた描写が多い事に気づく。ネタバレ?全開なので未読のかたには申し訳ない。 ...

アート, マンガ,

話として面白いだけでなく美大まわりの描写が色々と興味深い。同じ作者の『主に泣いてます』はあまり美大っぽい空気は感じなかったけれど『かくかくしかじか』の美大絡みの描写はトップクラスのリアルさ。いかにも「経験者」「わかってる」「こういう人 ...

マンガ,

ラーメン発見伝の続編で前作から突然変異のように劇的に面白くなった。ラーメン素人の主人公が入社するのは芹沢達也が創ったコンサルタント会社。前作を研究し尽して完璧といいたくなるぐらい弱点を潰して練りに練ってきた見事な構成には感服。 ...

マンガ,

これは一人の作家が自分のやりたい事とやりたくない事を自覚するまでの話なのですね。前半はどこかで見たようなキャラクターにテンプレ的・ありがち・偽善的なお話ばかりで正直読むのがしんどい。後半から徐々に『LEVEL E』『HUNTER X ...

小説

西尾維新の『掟上今日子の推薦文』を読んだ。忘却探偵掟上今日子の2作目である。前作の短編連作形式と違って今回はプロローグにあたる短編とその続きの本編の2部構成で語り手も新キャラになった。推理物としての内容はともかく、細かい描写が気になっ ...

マンガ,

東京大学物語だがオチが酷いマンガというと必ず名前が挙がる。しかし実際に読んだ感じでは物語の締めかたに悪印象はなかった。このオチはかなり早い段階から決めていたはずで、それまでの描写とラスト数話の対比は見事だと素直に思った。

マンガ,

曽田正人の作品は『カペタ』『シャカリキ』『め組の大吾』と読んで自分の中では外れのないマンガ家だったんである。『昴』(『MOON』含む)は話の閉じかたが個人的には微妙だったけれど物語としてはとても好き。『カペタ』が終了して次の作品という ...

マンガ,

永井豪は最近はもう微妙な作品ばかりだったんで完全にスルーしていた。「タイトルからしてバクマンのパクリじゃん」とか良い印象がなかったんだが読んでみるとこれが実に面白い。

内容的にはデビルマンを今風に描き直しのダイジェスト版パ ...

その他書籍類

著者はニコライ・グルーベ(Nikolai Grube)でドイツ人の考古学者らしい。これは英訳版で出版社はKÖNEMANN。マヤ文明の情報が歴史・文化などギッシリ。写真と図版が豊富かつ大きいので情報量が多く資料価値が高い。

主な内 ...

その他書籍類

マックス・ウォルドマン撮影のバレエのモノクロ写真集。1988年初版。この写真集は某美大の図書館で発見してとても気にいっていたもの。古本屋で見つけて思わず買ってしまった。バレエのポーズとフィルムの銀粒子が非常に美しい。殊にナタリア・マカ ...