おすすめ自転車世界一周ブログ

今までに読んで面白いと思った自転車世界一周ブログをセレクト。他にも探せばこういうブログはゴロゴロあるんだろうし、リアルタイムで更新中のブログを紹介すべきなんだろう。でも適当に検索をかけてヒットしたのを読んでみてアンテナにピンとくる世界一周ブログってそんなに多くないんだよね。やっぱり文章の魅力って大事だ。他にもチェックしているブログはあるんだけどとりあえず今回は2つ紹介。

『染谷翔の自転車世界一周ワロスw』

旅行そのものは既に終了。ただし旅行記はまだ完結しておらず最後の中国パートを更新中。難所はバスを使って楽をするとか宿泊はネットで安宿を検索という風に割とゆる~いスタイル。
いわゆる「やる夫で学ぶ…」のAAを使った形式で書かれているので、あれに慣れている人なら読みやすいんじゃなかろか。「ゆっくりしていってね!!!」がトレードマーク?
ルートは南北アメリカ縦断→アフリカ→インド→ネパール……
染谷翔の自転車世界一周ワロスw

このブログで知った石田ゆうすけ著『行かずに死ねるか!』という本もお薦め。これも自転車世界一周旅行記。他にも『洗面器でヤギごはん』など数冊この続編や補完となる旅行記本を出しています。

『心の旅』

2011年に世界一周旅行は終了でブログの更新ももうなさそう。文章が読み物としてテンポよく読みやすい。私が最初に読んで面白いと思った自転車世界一周ブログです。世界一周を終えるまで要した期間は5年半。使用しているカメラはRICOHのCaplio GX8。これはいいカメラで私も以前使ってました。
チベットぐらいまでは1つの記事を表示した時に「次の記事」に進むボタンの類がない。時系列に沿って読みたい場合は月表示を逆に辿って下から上に読まなくちゃいけないのが面倒かも。
ルートは大雑把にいうと韓国スタートでチベットを通りユーラシア横断→アフリカ→ヨーロッパときて最後に南北アメリカ大陸縦断です。
心の旅

自転車旅ブログについて

こういう旅行ブログはいきなり旅の最初から読み始めるよりも、とりあえず自分の好きな国の部分だけ試しに読んでみるのがお薦め。旅の序盤はスタイルを模索中だったりで中盤から面白くなるパターンも多いから。後はネット環境にもよるのだろうが更新頻度が高い国はそれだけ書きたい事が多かった=情報密度が濃い文章が多く読み応えがある場合が多い傾向がある。

どれも1件の投稿は短いので空いた時間に読み進めるのがいい。なにせ数年がかりで書かれたブログばかりだろうから一気読みするのはキツい分量だ。面白いからそのままズルズル読み続けてしまうかもしれないけどかなり体力が要るんじゃないかな。

旅のやり方も物事の考え方もそのブログの筆者によってみんなスタイルが違うし、当然の事ながら書かれた時期も違う。その間に世界情勢も変わったり道具類も進歩したりとかの変化も見比べるのも興味深い。
用具のチョイスなど自転車旅行の参考になると思う。タイヤはSchwalbeのMARATHON系がやっぱり定番だよねーとか。

自転車での移動って時間や距離の感覚が歩きでもなく車でもなく独特。その自転車をメインの移動手段にして世界一周ってのはやっぱり憧れです。こういう旅行をした事って絶対に後の人生にプラスになるんだろうなぁ。
自分で旅行するんだったらコミュ障なんで確実にテント泊+自炊中心で行くだろうな。
しかし中南米はどのブログ見ても料理が安くて旨そうなのが気になる…。

 
スポンサーリンク

PAGE TOP
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!