クロスバイクかロードバイクか…自転車の選びかた初級編

クロスバイクにするかロードバイクがいいか?ママチャリじゃないスポーツ用自転車を買おうとしてクロスバイクかロードバイクかで悩む人は結構多いんじゃないかと思う。

大雑把に言うと機械いじりが好きな人・凝り性な人なら最初からいいものを買ってしまってもまぁ大丈夫。そうでない人は5万円ぐらいのクロスバイクから入るのが無難かねぇ。ロードバイクだとエントリークラスでも10万前後だからちょっと手を出すには高いか。

自転車にハマって後からロードバイクに乗り換えたとしてもクロスに乗っていた時の経験が無駄になるわけじゃない。盗難リスクを考えると、もしも盗まれても痛くない気軽に乗りまわせる自転車もあったほうがいい。

クロスとロードの違いは?

別にロードバイクだからといってクロスバイクより速く走れる訳じゃなくて瞬間的に出せる最高速度は同じようなもの。ただしロードのほうが価格帯が1クラス上の設定なのでパーツ類もちょっと良いものが使われてたりする。

いちばん違うのはポジション。クロスバイクのフレームとギアまわりはMTBベースで一般的なロードバイクよりも前傾姿勢がきつくなくギア比が広い。また、どちらかというとホイールベースが長く直進安定性が高めに作られている。

タイヤの太さについて

履けるタイヤの太さはクロスのほうがより太いものが履けるようになっている。ロードはエントリーやコンフォートでもたいていは25Cまで。クロスはたいてい28Cが標準で物によってはもっと太いタイヤまでいけたり。当然タイヤが太いほうが空気容量が大きく衝撃吸収性に優れ乗り心地が良い。

_IGP1057

段差を越えた時などに多いリム打ちパンクのしにくさはタイヤが太いほうが有利。異物を踏んだ時のパンクのしやすさはタイヤの太さよりも銘柄による部分が大きい。ゴムが肉厚で内側の素材が丈夫な重いタイヤがパンクしにくい。軽さ(=スピード)重視のタイヤはゴムやパンク防止層が薄いため弱い。

細くて軽いタイヤは圧倒的にペダルの漕ぎが軽くスピードが乗りやすいので一度使い始めると癖になる。タイヤが細いと路面の凸凹の影響を受けハンドルを取られたりしやすいが、まあ慣れれば大丈夫。ただし道路の側溝やマンホールなどには注意。

ハンドルの違い

クロスバイクのフラットバーよりもドロップハンドルのほうが長時間だと圧倒的に楽。ドロップハンドルは色々な場所で握れるのが疲れの分散に効くし、ハンドル自体の長さの関係でフラットバーより良くしなるから衝撃吸収性も上だったりする。

それにドロップハンドルは拳が地面と縦に垂直になり、こちらのほうが人体工学的に無理がない。これはフラットバーにエンドバーをつけてもそんなに改善されない。エンドバーを握っても腕が開き気味になっちゃうから前傾だと力が逃げるし、手がブレーキレバーから遠くなるのでとっさにブレーキかけられないのも痛い。エンドバーの恩恵を感じるのは昇り坂ぐらい。

後からクロスバイクのフラットバーをドロップハンドルへ交換する事も可能だが、ギアなど関連するパーツをごっそり入れ換える事になる。デュアルコントロールレバーなどが高価なので合計で数万単位の出費になる。しかもドロハンに換えたくなる頃にはギア周りだけでなく他にも不満が出てあれこれパーツを換えたくなっていたりする。そうなるとエントリーロードを新しく買うのと大差ない金額になっちゃう。クロスにそこまで金をかけるよりは素直に買い替え・買い足ししたほうがいい。

 
スポンサーリンク

購入時の注意

サイズ合わせはやっぱり店頭で確認したほうがいい。というかジオメトリ見てある程度察しがつくとかパーツの調整ができるとかいうのでなければ、いくら安くてもネット通販はお薦めできないかな。それに自転車の塗装もネットの画像と実物の印象が違っていて色や塗装の感じが別物に見えたりする事もある。

予算上限いっぱいの価格の自転車は買わない事。自転車本体以外にライト・ベルなどの保安器具、空気入れや工具、潤滑油などのケミカル類、さらにグローブやヘルメットなど色々と購入する必要がある。こういう自転車用品を揃えるだけでも数万円かかるからね。

同価格帯の自転車で使用しているパーツ類はだいたい同グレードなので差はあまりないから好みで選んでも大丈夫。ただしクロスバイクの場合だと後輪のエンド幅が135mmのものはホイールを換えたくなった時にサイズが合う物が売っていなくて苦労する(普通は130mm)ので避けたほうがいい。エントリークラスの付属ホイールは鉄ゲタと異名を持つぐらい重いので真っ先に換えたくなるパーツの一つだし。

クロスバイクのシフトレバー

トリガーシフトはトリガースイッチを指で押し込む事でギアの上げ下げ、グリップシフトはハンドルと同軸についたシフターを手首でひねってギアの上げ下げを行う。まあ、どっちの方式でもいいんじゃないの?と思う。

自分がGIANTのR3買った時は某掲示板ではグリップシフト叩きがすごかったけど、ちゃんと調整してあればギアチェンジのしやすさは大差ない。グリップシフトのいい加減にシフトの上げ下げができる感触は慣れれば悪くないですよ。ぶっちゃけた話、下位グレードはどっちの方式でも大した事ないんで。フロントをシマノの安いトリガーシフトとブレーキレバーが一体型のにしてみたけどこれのトリガーが重くてねぇ…。今のR3はトリガーシフトなんだっけ?

自転車

エントリーロードに多いフロントギア3段

ロードバイクの場合はエントリークラスだと”フロントギアが2段か3段か?”というのがあるか。個人的には2段お薦めだが…。というのもロードのフロントギアは2段が主流だから。パーツの入手しやすさ、値段というか割引のされやすさなどコストパフォーマンスが段違いなんだよね。グレードも前3段は中の上までしかラインナップがないし。

それと前3枚のロードはタイヤも太いのを履けるようにしている場合が多くキャリパーブレーキのロングアーチ率も高い。このロングアーチだとブレーキの構造的に力がかかりにくくて制動力が弱い。クロスのVブレーキからだと効きの弱さにビックリすると思う。その癖、高額だし店頭在庫がなくて取り寄せになったりと品揃えも悪いんだわ。Qファクター(左右のクランクの間隔)もギアが1枚増えるぶん広くなるから、クランクとフレームの間隔が空きすぎてケイデンス計のセンサーが反応しづらいとかもあるなぁ。こういう物の規格は多数派に合わせておいたほうが何かと楽だ。

(追記:なお、後ろギアの場合は段数が多いほうが乗ってて楽。変速時にペダルが重くなったり軽くなったりの差が大きいと疲れやすいのだ。ギアの段数が増えればそのぶん細かく調節できる。乗り慣れてくるとわかるが8段と9段、そのたった1段の差はかなりデカい。)

自転車は増えるものらしい

自分の場合はロードバイク買ってからはクロスバイクに乗る気がしなくなった。コンフォート系(分類上はスポルティーフらしい)ロードなのだが乗っていてやっぱり楽。これはママチャリからこういったスポーツ用自転車に乗り換えた時と似た感覚。楽なものに体が慣れちゃうともう戻れないというか…。

クロスに乗っていたのは2~3年だが、整備の仕方やら何やら勉強になったので「損した」「ムダになった」という気はしない。それにクロスバイクに全く乗らないという訳でもなくクロスには荷台とサイドバッグをつけて買い出しや荷物運搬用に使用中。
こういうのにハマる人は自転車が増殖していくのがお決まりコースらしいですな。

 
スポンサーリンク

PAGE TOP
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!