自転車用品短評

今までに使ってきた自転車用品のうち、単品で記事を書くほどでもない物のショートレビュー。ボトルホルダー・サドル・リアキャリア・サイコンetc…安価な製品中心です。

TOPEAK モジュラーケージ EX

ドリンクホルダー。2じゃなくてEXなのでお間違えなく、こちらのほうが見た目は悪いが、その代わり安くて使い勝手がよい。ボトルのサイズに合わせてネジで調節が利くのがポイント。2よりネジが大きくて回しやすいのがいい。樹脂製で出し入れの時にしなるので走行中に外れて落ちちゃいそうなのがちょっと怖いか。まあ、数年使って一度も脱落しなかったのでたぶん大丈夫だろう。

MINOURA ペットケージミニ

シンプルイズベスト、デザインも美しくクロモリの細いパイプによく似合う。見た目通り超軽量。ボトルの固定がゆるいと感じたら曲げりゃOK。取り付け位置が低めなのでシートチューブに装着する時は注意。ボトルの底がダウンチューブを叩いてしまう。THERMOSの魔法瓶使っていたのでチューブに少し傷がついちゃった。
私はペットボトル用のPC-500を選んだ。サイズやカラーは他にも色々あるのでお好みでどうぞ。

TOPEAK スーパーツーリストDX

アルミ製で700gと軽いリアキャリアだが意外と丈夫。国内旅行ぐらいならこれで充分、安いしね。横棒のついていないスーパーツーリスト無印やサイドバッグ装着に対応していないエクスプローラーもあり、そちらのほうがさらに安い。しかしDXにしておいたほうが横棒にサイドバッグを装着して重心を下げられるなど後々いい。
荷台部分はママチャリより小さめ。段ボール箱を積むと段差の衝撃でズレたりするのでちょっと怖い。ロープでキツく縛ると荷台が小さいから段ボールに食い込んじゃう。台座を作って荷台に固定してから段ボール箱を積むとか工夫すべきか。
ワンタッチで固定できる専用のバッグ「MTXトランクバッグ」が2種類(パニアーの有無)発売されているが、容量は大きくないのであまりおすすめしない。

Brand-X Pannier

Chain Reaction Cyclesで購入。激安サイドバッグだがと~ってもショボい。安いには安いなりの訳がある。もう一目でヤワなのがわかる。布地がエコバッグやクリーニング屋のカバーの不織紙?みたいな質感。キャリアに固定するフックがバッグの背板にピンで直付けなのだが実にチャチ。たぶん負荷がかかったらすぐ背板からすっぽ抜けるんじゃなかろうか。容量は片側20lと当時のCRCには表記されてたが、たぶん両方合わせて20l。上部が巾着状なので無理して30lぐらい入るかな。まあスーパーの買い出しぐらいなら平気、だといいなぁ。
底に穴が開きそうなので段ボールをダクトテープで補強した物を底板代わりに使用している。布地の裏側からもダクトテープで補強しといたほうが安心か。
※追記:やっぱり穴が開いた…

selle SMP TRK

穴あきサドルはやっぱり楽。その大胆なデザインのおかげで風通しが抜群によいので夏の汗対策にも。自転車降りたら汗で股間に染みが…なんて事態を避けられる。TRKはクッションが多すぎるんだが、私は坐骨が広いのでTRKぐらいの幅が欲しい所だからしょうがなかった。前方の嘴部がちょっと太く股に当たるのが気になるか。長距離の使用でもけっこう楽。後ろにはネームプレートが付いていてサドルバッグがつけづらい。邪魔なんで私は力まかせに外しちゃいました。
それにしてもSMPの上級モデルはデザインが非常に好みなんだが高額にすぎる。盗難リスクも考えるとあまり高価なパーツはつけたくないなぁ。

THERMOS 真空断熱ケータイマグ&スポーツボトル

夏と冬の必需品。走りながら飲めないというデメリットよりも、だいたい半日ぐらいは温度を保てるというメリットのほうがありがたい。スポーツボトルのほうは保冷のみなので注意。容量500mlでは氷を入れたら実質ペットボトルの半分程度しか飲み物は入らない。夏は氷を入れて使用すると思うので容量はよく考えて選ぶこと。自販機でスポーツドリンクを補充して、全部入りきらないから残りを一気飲みとかイヤでしょ?保温機能は自転車以外の普段使いでも非常に便利。

crank brothers candy1

ビンディングペダル。
egg beaterと迷ったが、プラットフォームがあるので力が広い面積に分散してかかると思いこちらを購入。普通とちょっと違うクリート装着部だが、着け外しには特に違和感なし。使ってみて初めて気づいたんだが、接するのはあくまでクリートだけ。プラットフォームに靴は触れず全く体重はかからないので意味なし。普通の靴を履いている時に役立つかも?ぐらい。それだったらハーフクリップのほうがいいやって事であまり使わなくなりました。
ある程度以上スピードをだすならビンディングの恩恵に与れるが、街乗り程度だとデメリットのほうが大きい。なのでほんとに長時間乗りっぱなしの時のみ使用。

Zefal ハーフクリップ

普段はこちらを使用。樹脂製なので靴をあまり痛めない。固定力は弱いが慣れるとこれ無しのフラットペダルとか足がすっぽ抜けそうでもう無理、使ってられない。キレイにペダリングできてれば引き脚というほどではないがかなり差を感じるはず。ペダルから足を離す事が多くなる街乗りではビンディングよりこっちが遥かに楽。Wellgoからも同じような物が出ているが大差ない。どちらでも入手できるものを買っちゃってOK。費用対効果が抜群によいのでクロス用におすすめ。

STRADA CC-RD100

CAT EYEのサイコン、気がついたら販売終了してた。タイヤ周長は2つ登録可能。表示項目は速度がメインに固定。下部に時間・走行距離・累積距離を切り替え表示できる。走行距離は2つ記録で個別にリセット可能。往路、復路で使い分けるなど用か。シンプルで安価、使いやすい。バックライトがないので夜は不便。ケイデンス計が要らないなら一押しだが…やっぱり無いと不便だよね。

STRADA CADENCE CC-RD200

有線だから電池交換も少ないし混線なしで確実・安いと思ったんだが、アッという間にケイデンス側のセンサーが断線した。断線報告はネットで調べた時に見かけたんだが、実際に自分が当たるとは…。使用期間は一ヶ月保たなかった。使えてる間はイイ感じだったんだけどね。機能的にはCC-RD100にケイデンス表示が追加されただけ。やっぱりケイデンス表示があると無いとでは大違い。そのうちに無線式のを買おう…。
自転車のフロントギアが3枚の場合はQファクターが広いため、クランクとチェーンステイの間隔も広がる。その場合はスペーサーを2,3枚重ねないとケイデンス側のセンサーが反応しないので注意。

以上、良い物・悪い物ひっくるめてのショートレビューになります。ケミカル・工具編もそのうちにやる予定です…

LAZER「NIRVANA」 & LAS「ANUBI」 自転車用ヘルメット レビュー

 
スポンサーリンク

PAGE TOP
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!