E-M10うっかり炎天下の日中でISO400

8月の始めに撮影していた時に暑さでどうもボケていたらしく、日陰でISO400に設定してそのまま忘れて日向でも撮ってしまうという事を何度もしてしまった。ここのところずっと室内で適当に撮っていたのでISOの感覚がズレていたのか。最近は「もういいや」でISO800とか1600使いまくってたからねぇ。

それに加えて8月の暑さ。ボディというかセンサーの発熱が予想以上である。ちんたら撮影していたら低温火傷しそうな勢いで熱くなってしまった。ただ、電源をOFFにすればすぐに冷めるので放熱対策はきちんとされているようだ。

1/200 F4.5 ISO400

1/200 F4.5 ISO400 M.ZD ED14-42mm
等倍で見るとけっこうノイジー

E-M10のセンサーは感度を上げても画質の低下は少ない印象ではある。そうはいっても、やはり感度上昇に伴いノイズが増えたりダイナミックレンジが狭くなっているのは確かなようだ。適正露出で撮っていれば画質の低下はさほど気にならないが、露出アンダー・オーバーになると現像での露出調整時に如実にダイナミックレンジが狭くなっているのを実感した。

追記:もしかしたら前述した発熱の影響があったかもしれない。寄りの撮影でピントやら手ぶれで手間取っていた後に撮った画像だけISO400にしては画質がおかしい気がする。1段ほどオーバーなのにシャドー部の描写は現像で無理やり持ち上げたような変な写りなんよね。これが逆光や斜光が入っちゃってる写真なら「フレアじゃん」で片付くのだが。でもやっぱりフレアなのかなぁ…。

1/2000 F4.5 ISO400

1/2000 F4.5 ISO400 M.ZD ED14-42mm

ノイズも感度上昇に従ってリニアに増えている。こちらはちゃんと露出を合わせていても等倍で意外なくらいノイズが乗っているのがわかる。E-M10のISO400ってもっと少ないと思ってたんだが(本体jpgのノイズ低減関連は最低にセット)。ネガフィルムをスキャンした時のような感じなのでそこまで気になる訳でもないしRAW現像で輝度ノイズ低減の値を強くするか迷う。どこまでがノイズでどこまでが被写体表面の質感なんだかよくわからんかったり…石とか埃の積もった仁王像だの産毛の多い葉っぱとか。

それとノイズの増加で画像の圧縮が効きづらくなりファイルサイズが肥大化するのが地味に困るかな。ブログ用の縮小画像を保存する時に同じjpg画質の設定でもサイズが倍ぐらい違ったりするんだよね。

1/80 F4.5 ISO200

1/80 F4.5 ISO200 M.ZD ED14-42mm

他にもうっかりISO200にしたつもりでISO100で撮っていたりと色々とやらかしている。拡張感度のISO100はざっくり言うと基準のISO200の1段オーバーの画を暗くした感じか?ハイライトが飛びやすくなり、なぜか暗部も潰れやすい印象だが暗部は現像でどうにでもなるかね。現像前提ならISO100をあえて使う必要はないかも。

1/60 F4.5 ISO100

1/60 F4.5 ISO100 M.ZD ED14-42mm
ISO200で撮り直したカットより白飛びがキツい上に影も潰れ気味

室内撮りに慣れてしまったせいもありEVFや背面液晶での露出確認の感覚もズレまくり。というか炎天下の強い日差しだとEVFで見るよりもオーバー目になってしまうっぽい。これが室内だとEVFで適正のつもりがアンダーに写っていたりする。EVFで露出確認できるからといっても経験は大事か。

今回で気づいたんだが自分ってEVFの情報をろくに見ていない。せいぜい手ぶれしそうな暗さや接写時にシャッタースピードやF値を確認するぐらいか。あれこれ情報が表示されてるのにねぇ。あ、でも水準器にはお世話になってる。無意識に左が下りがちになるんだよねぇ。

1/500 F4.5 ISO200

1/500 F4.5 ISO200 M.ZD ED14-42mm

まぁ、しかしなんだ、撮影後に背面液晶で画像の確認をほとんどしなくなったせいか、フィルム時代のおみくじ感覚が復活したような気がしないでもない。

写真のF値が4.5ばかりなのはほとんどの写真が25mm域にズームを固定して、その開放F値が4.5というだけだったり。4/3でF4.5ってフルサイズでいうとF8以上に絞ってる訳で…被写界深度的にはこれ以上絞る必要を感じるケースはほとんどない。フィルム時代の50mmレンズ一本で撮影が染みついちゃってるんやねぇ。

E-M10MarkII

E-M10 MarkIIは思っていたよりパワーアップしていて微妙な気分。購入から半年で後継機かぁ…。EVFが236万画素で加えて5軸手振れ補正、電源スイッチが左肩は何とも羨ましい。地味に電池もBLS-5よりわずかに容量が多いBLS-50に変更されている。CIPA基準での撮影可能枚数は約320枚でE-M10+BLS-5と変わらず。

ただMark IIに買い替えちゃうとCapture One7でRAW現像が面倒になるからまぁ我慢か。それよりもレンズを買いたいわ…M.ZUIKO Digital14-42mmED初期型もこの手のキットズームにしては悪くないけど、やっぱりこれだけじゃ何か味気ない。

次に買うとしたらSIGMAの60mmF2.8かM.ZUIKO45mmF1.8か25mmF1.8あたりかねぇ。Panasonicの25mmF1.7も出るみたいだからそれを待つか…。

 
スポンサーリンク

PAGE TOP
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!