リニューアルしたフリーザーバッグいいねぇ

ここ数年フリーザーバッグを愛用している。といっても本来の冷凍保存用の袋として使っている訳ではない。

メインの用途はパスタや蕎麦・素麺などの乾麺の虫除け保存用である。その他、食パンの乾燥抑制やスナック菓子の湿気防止などに非常につごうがよい。

先日、手持ちのストックバッグを使い切ってしまったので買い足しに行ったところ何やらリニューアルしたようである。これまではジッパーが一本だったのが二重構造になったそうだ。

早速試してみたところ、予想以上にものすご~く使いやすくなっている。とにかくジッパーを閉める時の感触がよい、しかも確実に閉まる。「新プチプチ感覚で閉めやすい。」という謳い文句は伊達ではないようだ。

これまでは下ろし立ては良いのだが、使っているうちにジッパーがバカになってだんだん閉まりが悪くなるのが常だった。キッチリ閉じたつもりが半開きだったりとかね…。このへんのストレスが解消されたのはとても大きい。

パッと見は従来のものよりジッパーが細くなっているので耐久性が落ちているのでは?と思ったが、数ヶ月使ってみても旧製品より悪くなった感じはない。おそらく、閉めやすい構造になったのでジッパーの劣化を感じにくくなったのだと思う。

自分が使っているのは大日産業の製品で近くの薬局だと大(27cmx28cm)サイズ一箱10枚入りで100円台とコスパも悪くない。おそらくジップロックなど他社の製品も品質は同じようなものだと思うが使った事はないので断言はできない。

冷凍保存する訳じゃないのだから「もっと1枚あたりの単価が安い冷蔵用のストックバッグでいいんじゃないの?」と思われるかもしれない。しかし自分で試したかぎりではストックバッグはフリーザーバッグより繰り返し使用の耐久性に劣るのだ。どうやら全体に作りが薄手なぶんジッパー部もヤワいようだ。

 
スポンサーリンク

PAGE TOP
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!