立ち仕事の足の疲れ対策には靴の中敷きが効果的

walking-690734_760px_mini
接客業などをしていると勤務中はずっと立ちっぱなし。半日ずっと立ち続けていると伸びきってしまった土踏まずやかかとが痛くなってきます。この足の疲れ・痛み対策には土踏まずのアーチサポート部分が高くなっている中敷きを靴に入れるのが良いです。

靴に最初から入っている中敷きは土踏まずをサポートする盛り上がり部分がほとんどありません。万人の足に合うようにフラットな形にせざるをえないのでしょう。この土踏まずサポート部を自分の足の形に合った中敷きにするだけで疲労度合いがまるっきり変わってきます。

ドレスコードの制約でウォーキングシューズのように楽な靴が履けない場合はこれがベストな対策かと思います。

中敷きの土踏まずとかかとは大事

サポート部分が高すぎても低すぎてもダメ。うまくフィットすれば足の裏全面に均等に体重がかかるので疲れが土踏まずの一部に集中せず分散します。かかと部分もフラットな物より包みこむような形になっている方がかかとの骨のある所だけに体重が集中しないので楽です。

こういう別売りの中敷きはかかとや爪先側に衝撃吸収材が使われている物が多いです。長時間立ちっぱなし歩きっぱなしだと衝撃を軟らげてくれるのが予想以上に効いてきます。革靴の場合はかかとの衝撃吸収が弱いので特に効果的です。

薄型タイプや土踏まず・かかと・爪先それぞれの部位だけを貼りつけるタイプの中敷きもあります。普通の中敷きだときつすぎて足が入らない場合やパンプスなどにはこちらを使うとよいです。

人によって足の形は千差万別なので、できたら実物を見て確認してから買うのを強くお薦めします。ビクトリアのような大きいスポーツ用品店や東急ハンズは品揃えが豊富で見本も置いてあります。近くにあったら寄って見てください。

ハズレだと思った中敷き

ちなみに「こりゃアカンわ」と思ったのが衝撃吸収材代わりに水が入っていてる中敷き。何というか、その…雨でビショビショになって水がたっぷり入っちゃった靴と同じ履き心地といえばおわかりでしょうか…。確かに体重が一点に集中せず痛くはならないのですが、非常に不快感が強くてどうにも馴染めなかったです。

足ツボを刺激する突起がある中敷きもダメでしたね。長時間履いていると刺激どころか痛くて痛くて……。

かかとのあたりがフカフカで軟らかく沈みこむような中敷きはイメージとは逆に衝撃吸収性が低いと思ってよいです。簡単に底までついてしまうので衝撃を吸収しきれないんですね。フィット感を重視するならアリかもしれません。

 
スポンサーリンク

自分が使っている中敷き

自分は美術館監視員の経験があります。世間一般では「座ってるだけ」と思われがちですが実際はそんなもんじゃないです。来館者が多く展示物が要注意な展示は半日ずっと座る暇もなく…とかザラ。そもそも展示形式によっては椅子がなかったりする訳です。立ち仕事には慣れているつもりでしたが長時間の勤務は意外にキツい。

あまり動く訳にもいかない(鑑賞の邪魔になる)ので血行も悪くなりがち。ドレスコードの関係上スニーカーなども履けません。歩く際は足音が響かないよう爪先歩きなのでこれも疲れを早めます。こうなると中敷きで工夫するしか手はないのですね。

最初は普通のフラットな中敷きに交換してもあまり効果なし。そこでかかと用の中敷きを追加で貼り付けました。しかし、それだけだとかかとの疲れには効くけれど土踏まずがやはり痛くなる。そこで更に土踏まず部分だけの中敷きを後から貼りつけたらかなり楽になりました。

それなら最初から土踏まずが盛り上がっている形の中敷きのほうが効果が高かろうと思いあれこれ物色して発見したのが『SHOCK DOCTOR』というブランド。(それに別のを貼り付けた場合って靴を脱いだ時に追加した部分が目立つのですよね)

自分の足はかなり足の甲と土踏まずが高いのでアーチ部分が他社製品よりも高い事とエントリーモデルの価格がちょっと安めなのが決め手でした。かかとが包みこむような形状なのも疲労軽減に効いている感じです。半日ぐらいなら立ちっぱなしでも平気になりました。

今は普段履く靴全てにSHOCK DOCTORの中敷きを入れています。革靴や普段履きの靴にはトレーナー(SP0901)か薄型(SP0902)を。旅行や長時間足を酷使しそうな時用にちょっと奮発してXアクティブやランアーチって感じで使い分け。

たまに入れていない靴で出ちゃった時は疲れ具合の差に愕然とします。トレーナーは最近デザインが変わったようですが、前の配色のほうが落ち着いていて良かったと思います。それと値段が少し上がったのも難。

耐久性については使用頻度にもよりますが1年ぐらいは保つと思います。自分の場合は2~3足でローテーション+爪先歩きが多いので保ちがいいのかもしれません。だんだんかかとの衝撃吸収材が痛んで効果が落ちてきますし見た目でも明らかに吸収材が潰れてくるので、そうなったら交換です。

靴に関して

昔かかった医者がいうには「靴は軽くて長さ・幅が足のサイズに合っているものが足に良い」「どちらかというと欧米の靴は足の甲が高い人向け、日本の靴のほうがフラットな傾向のものが多い」そうです。

その医者経由で靴を輸入してもらったのですが確かに甲高の自分には合っていたようで調子が良かったです。ただ、個人輸入の場合はサイズが合うか注意です。サイズ表記が同じでもアメリカとヨーロッパで大きさの規格が少し違ってたりとかあるので…。例えば同じサイズ「7」でもアメリカだと25.0cmでイギリスだと25.5cmになります。

靴一足の重さなんて大した事がないと甘く見てはダメ。足を踏み出す時・足をついた衝撃や足音を殺す時など全ての動作に関わってくるからです。靴が重ければそれだけ余分に筋力を消費するので疲れを早めます。

靴幅が広いほうがゆったりして足に良さげなイメージがあるかもしれませんが、実際は外反母趾になりやすくなるので良くないそうです。足の指の付け根が広がってしまわないよう足幅ピッタリの靴を選ぶべきなんだとか。

高額な靴だから足によいという訳でもないです。というか、ちゃんとした昔ながらの革靴で踵の交換修理ができちゃうような靴のほうが構造的に衝撃吸収が弱くてダメな印象。そういうのを履く人って長時間立ちっぱの仕事なんてしないですしね。

1万円以下の靴でも軽くて柔らかめのウォーキングシューズならだいたいOKかと思いますよ。ビジネスシューズも最近は軽量タイプが増えてきましたし、自分好みの中敷きと組み合わせればけっこう快適になるんじゃないかな。

 
スポンサーリンク

PAGE TOP
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!