LAZER「NIRVANA」 & LAS「ANUBI」 自転車用ヘルメット レビュー

できたら自転車でヘルメット被りたくはないんだけど車の流れが速い道路とか走るなら、ね?

NirvanaはMTB用でバイザーなしの「SPHERE」がロード用として売られている。ANUBIはロード用。私が購入したのは両方ともにサイズはLで重量は300g前半というところ。日本製のヘルメットと較べたら結構重い。

ホントはMETのストラディバリウスがほしかったのよ、あれのデザイン格好いいし。でも店頭で試着した所、私の頭は自分が思っていたよりも横幅が広く鉢も張っていためストラディバリウスは入らない事が判明…。

LAZERのGENESISは帽体が丸型で頭にちゃんと入るし良いヘルメットだけどやたらと高い。という事で選んだのがこのNirvanaとAnubi。

LAZER Nirvana

Wiggleであれこれ物色した結果、デザインで目にとまって値段もそこそこ安いNirvanaを選んだ。試着してないけどGENESISが入ったんだから大丈夫でしょうと自分にいい聞かせて注文。実際サイズは大丈夫だった。もうワンサイズ小さくてもよかったかな?ぐらい。
しかし巻尺で頭の周長を調べてもヘルメットのサイズ表記とは合わないのは何とかならないのかね?

斜め上からだと好きなんだが…

斜め上からだと好きなんだが…

Nirvanaは写真で一目惚れしたんだが実物を見るとなんかビミョー。横や斜めからはいいんだけど正面から見るとなんかマヌケ?色は白/黒を選んだがストラップの片側が白一色なのも汚れが目立ちそうでちと困る。気を付けていたつもりなんだが、やっぱり黄ばんできやがった。

LAZERは全体的に帽体が丸いヘルメットが多く、Nirvanaも日本人の横幅が広い頭でもまったく問題なくスッポリ入る。Size L-XL58-61cmで内側の横幅は最大で約19cmほど(RollSys部除く)。なのでフィット感に関してはこっちは書く事があまりない。インナーパッドは小さいものが頭頂部と額のベルト部分につくのみ、クッション性は期待しないで。

バイザー前提のデザイン

バイザー前提のデザイン

LAZER御自慢のROLLSYSは、頭頂部のダイヤルを回すと頭を一周する固定用のベルトが締められる。ANUBIのCat Eye Evo3Dよりも頭の周囲全体に均等に力がかかるので感触がはるかに良い。

風通しについては私の髪が長めかつ多いので短髪だと違う印象になるかも。
NIRVANAは空気穴がたくさん空いているが風通しはあまりよくないので夏場はキツい。穴の形状的に思い切り前傾というか顔を下に向けたほうが風は通りやすいが、バイザーで視界が悪くなる。バイザーは西日対策にもなるし外しちゃうとカッコ悪い。

 
スポンサーリンク

LAS ANUBI

ANUBIはその名前の通りエジプト神話のアヌビス神がモチーフだそうな。わかるようなわからんような。一応こちらのほうがNIRVANAより1クラス上っぽいんで表面にクリアコートがかかっていたり作りに金をかけてる(けど仕上げは荒い)。

アヌビス神に見える?

アヌビス神に見える?

LASのヘルメットは日本人の頭向きというのが定説になっているようだが、サイズが合っていなくても浅い被りでチョコンと乗せちゃうような感じなら収まっちゃうというほうが正しいと思う。SIZE 57-63で内側の横幅は最大18cmちょうどぐらい。あまりに浅く被ってると安全性に問題アリだと思うし、高さのあるデザインのせいもあってドングリみたいで非常に格好悪い。

Cat Eye Evo 3d ダイヤルを回して締め、上下可動で位置調節

CatEye Evo3d 上下可動で位置調節できる

LASのCat-Eyes Evo 3D フィッティングシステムはよくあるタイプの後頭部にあるベルトの長さを調節して固定ってやつ、それが上下にも動くようになってる。この場合は締めると額がヘルメットに押しつけられるんでLAZERを使った後だと圧迫感があってやな感じだが、インナーパッドのクッションが効いてるので被り心地は悪くない。パッドを外すと頭の鉢が当たるのがちょっと気になる。

ストラップはイタリアンカラー、顎にクッションが

ストラップはイタリアンカラー、顎紐にクッションが

ANUBIはNirvanaより風通しが良好、でも冬は逆にスースーしてキツいかも。空気穴にバリが結構残ってるのが気になる。クッションも兼ねた吸水速乾のインナーパッドが内側のほぼ全面を覆うが、さすがイタリア製、ヘルメットの穴とパッドの穴の位置がズレまくってる。風通し的にはどうなんすかね?これ。

パッドを裁断した縁が重なる部分ができちゃうんだが、そこだけ厚みが増すので頭に当たってけっこう痛い。空気穴の位置ズレの修正にもなるので鋏で縁を少しカットして重ならないようにした。
冬用&防虫ネット付きの交換パッドも付属。

落車した時の事

Nirvanaをかぶっている時に落車して頭を道路にぶつけた。
その瞬間に意識が高速化したのかあれこれ考える余裕があった。横倒しになって肩口から落ちてくのがわかり「あー、こりゃ側頭部ぶつけるなー、身構えなきゃ」と思ったのを憶えている。衝撃にそなえて身を固くしたんだが……ほとんど衝撃を感じなかった。コツンと当たったかな?ぐらい。スピードはそんなに出していなかったせいもあるが、ここまで効果があるものとは思ってなかった。

レーパンはアレを穿けるようになっちゃったら何かが終わるというか、もう戻れない感じがなんとも抵抗あっていまだに無理なんだが、ヘルメットは一応つけとかないとアカンでしょ。こんな発泡スチロールに高い金を…と思わんでもなかったが、実際に効果を体感しちゃうとなぁ。

あとはファッションにしか見られんかもしれんが、周りの車なんかに対する”安全注意してますよ”アピール?ほら、最近は自転車に風当たりが強いからさ。

自転車用品短評

 
スポンサーリンク

PAGE TOP
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!