西尾維新『掟上今日子の備忘録』ドラマ化ですか…

西尾維新の作品って人工臭がすごいから実写ドラマとか向いてないと思うんだが。掟上今日子のシリーズはそういう意味では比較的マシか。『戯言使い』みたいにヘンな方向に「まだ」いってないし。何となく実写化された図をイメージしてみた感じでは悪くないような。

まあ絶対に観ないであろう事は確定な訳ですが。こういうのって基本的に原作見てない層をターゲットにして作るだろうしね。
題材としては無難にドラマ化はできるはず、一応は。でも余計な改変するんだろうなぁ。改変がいけないという訳じゃないんですが「このほうが売れるやろ」的な安易な改変は勘弁な。

レギュラーで登場する人が隠館厄介と今日子さん、それと紺藤さんぐらいと少ないから追加されるんじゃなかろうか。原作のストックが微妙な感じなんだけど、オリジナルを入れてくるのか?まさか後半は「掟上今日子の推薦文」を複数回に分けてやるんか?アレは前にも書いたけど色々と映像化するにツッコミどころが多いからなぁ…。でも、その辺は修正可能な範囲だし無理って訳じゃないしなぁ。

主人公の今日子さんは新垣結衣らしい。総白髪をどうするのかは記述がなかったけど再現しないほうがいいんじゃないかと思うです。いや、どう考えても学芸会みたいな感じというか安っぽいコスプレにしかならない気がするんで。

小説のほうは西尾維新入門としてはそこそこ読みやすいんで悪くないですよ、と。この作品一発でハマるという事もないけど、「受けつけないからパス」って事も少ないんじゃないかな。お得意の言葉遊びなんかはほとんどないけれど、しょうもないバトル展開もないしね。作者本人は好きみたいなんだけど、あれはダメでしょ。

最近は『デスノート』のドラマの改変が酷いらしいけど何なんすかね…こういう傾向は。原作のネームバリューと話題性でお金を回すだけが目的で作品づくりに何の誠意も熱意も感じられないですわ。

 
スポンサーリンク

PAGE TOP
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!