PENTAX DA18-55mm F3.5-5.6 AL II レビュー

小型軽量キットレンズ。現行のDA18-55mm F3.5-5.6 AL WRと光学系は同じ。重量220gは一般的な50mmレンズと同じぐらいかな?

解像度は低め、特に四隅は甘い。どの画角でもF8ぐらいまで絞って使いたい。35mm付近の描写が比較的良いかな。テレ端の55mmはフレアっぽくて感心しない。55mm接写時はもはやソフトフォーカスレンズ。被写体がふんわりとフレアを纏う。赤ちゃんとか撮るにはそのほうがいいかもしらん。そのおかげでボケ味は良いんじゃなかろか。接写したい場合はクローズアップレンズを着けたほうがはるかにシャッキリ写る。わざと狙ってそう設計したのか?単に写りはどうでもよくて、寄れないと商売にならないから前玉を繰り出せるようにした結果なのか?後者なんだろうなぁ。
像面湾曲はあるけど片ボケはないようだ。昨今のズームレンズは片ボケしてるのが多いから、これは素直に褒めてよい点。

こういうのなら解像度の低さも気にならない

逆光には強くない。テレ端でなくてもフレアでコントラストが落ちる事が多い。フードをつけたほうがいいかも。あー、よく考えたらフレアでてる時も純正フード着けてた記憶が…。
歪曲収差は広角から望遠にかけて樽→糸巻へと変化、普通やね。ペンタックス純正のキットレンズという事もあって現像ソフトでも歪曲の修正データを持ってる場合が多い。本体側で歪曲補正ができるボディも多いので困る事はないだろう。
高輝度部にはパープルフリンジが出やすいが現像で簡単に消せる範囲。

イヤな片ボケをしないのは良い

写りを抜きにした「使い勝手」がビミョーかなぁ。テレ端55mmでF5.6という暗さが室内などでは非常に辛い。17-70mmF4やF4.5のテレ端より手ぶれが多くて歩留まりが悪い。レンズの重さが関係しているのかもしれない。
他の画角でも微妙にピンずれ?手ぶれ?変に甘い画像になる事が多い。ピントさえちゃんと合ってれば結構良く写るようなんだが。もしかしたら私の他のレンズよりフォーカスが速いから手ぶれ補正が安定する前にシャッターを切っちゃってるのかもしれない(K-7は補正が安定するまで遅いんだわ)。
小型軽量というのは確かに持ち運びが楽というメリットはあるんだが、利便性という点で考えたらもっと高倍率のズーム使ったほうが写りも大差ないし、レンズ交換しなくて済むってなっちゃうんだよね。

IMGP0019

近接の高輝度部は滲む

近接等倍表示

等倍表示(F5.6開放)

このへんは好みの問題ではあるんだが、ズームは単焦点と違って癖玉よりも無難に写るレンズのほうがいい。単焦点だと「ココはコレっ!」て感じで目的を絞って使うから癖があってもいいんだけど、ズームを使う時はレンズの本数や交換頻度を減らしたいって場合が多い。レンズ一本に汎用性を求めちゃうからあまり妙な癖があると使いづらいんだわ。
もちろん「各焦点域の写りを把握して使い分ければいい」と言われたら反論できないんだがね。実際このレンズもソフトフォーカスとして使えなくもないし。

あまり細かい事を気にしないで等倍鑑賞なんてしないとかブログに載せるようなサイズでしか使わないなら問題ないか。これでテレ端がF4ぐらいに収まってれば使い勝手がいいんだろうなぁ。となるとLimited Zoom買うしかないのか。フィルム時代に出してた28-70F4みたいなのあったら欲しいよね。

 
スポンサーリンク

PAGE TOP
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!