『らーめん才遊記』前作ラーメン発見伝から劇的パワーアップ

劣化美味しんぼ『ラーメン発見伝』の続編。前作から突然変異のように劇的に面白くなったので、もしも前作のイメージで判断して読んでいないのだったら実にもったいない。いきなり『らーめん才遊記』から読み始めても全く問題ないので発見伝は特に読む必要はない。

一応『ラーメン発見伝』の説明

大まかな人間関係(栗田さんもどきや谷村部長もどきやら…)と話のパターンはほぼ「美味しんぼ」を踏襲。しかし、これがどうも面白くない。(でも26巻も続いたんだよなぁ…よくわからん)

主人公はサラリーマンで夜に屋台を出してラーメン屋をいつか出すべく修行中で実力的には駆け出しの素人レベル。毎回のように困っているお店から頼まれ解決という美味しんぼお約束パターンなんだが「そんな素人に潰れそうなラーメン屋が救いを求めるか~!!」と思ってしまうのだ。

中盤からはとある大会の優勝者という肩書がつくので不自然さは多少薄らぐのだが、ぶっちゃけTVチャンピオンみたいな大会だったので説得力は微妙なところ。あの手の大会って腕前とかあまり関係ないような事を競ったりするからね。

作中で唯一光っているのが海原雄山役にあたるハゲ「芹沢達也」。発見伝は彼の発言で持っているようなもの、というか彼の出ない話は見なくても……

 
スポンサーリンク

らーめん才遊記

発見伝には良い印象がなかったのだが「らーめん才遊記」になって劇的な変化をとげる。主人公は料理の英才教育をうけてはいるがジャンクフードの類は一切知らないラーメンの素人ゆとり教育全開お嬢様へ。その主人公が入社するのは芹沢達也が創ったラーメンコンサルタント会社。

これにより前作では毎回出す訳にもいかなかったハゲを無理なく話に絡められるようになった。主人公は技術だけは一流だから依頼をこなすだけの力量はじゅうぶん。素人目線で無知な主人公(読者)の疑問に脇のキャラクター達がラーメンについての蘊蓄や解説を語る事で話を自然に進行できるように。そしてコンサルタント会社だから困ってるラーメン屋からの依頼があるのは当然。

やってる内容は前作とほとんど同じなのにこのちょっとした工夫ではるかに面白くなった。なんかもう前作を研究し尽して完璧といいたくなるぐらい弱点を潰して練りに練ってきた見事な構成には感服。ただ、台詞まわしとかでネットスラングをけっこう入れてくるのがなんかこう、ねぇ。その辺はちょっと感心しないかな。

トーナメントは要らん

ただし、どうにもつまらんのが後半の「なでしこラーメン選手権」。この手の料理マンガではお約束のTVチャンピオン系トーナメントで勝負のお題・採点や判定・対戦相手の組み合わせなど納得いかない事が多く興醒め。あと麺神降臨は世界観的にいかがなものか。
そういえば『鉄鍋の醤』も最後のトーナメントは微妙な対戦が多かったんだよなぁ…。

らーめん才遊記ではそこまで顕著ではないが、料理マンガの対決といえば『美味しんぼ』の究極vs至高のように思想・哲学対決の要素が強くなる事が多い。こういう傾向が嫌いな人もけっこういるようだが仕方がないんだよね。

味や技術が同レベルで美味い・不味いとかでカタがつかなくなると、公正な採点をしようとしたら上下をつけるにはそれなりの根拠や理由が必要になってくる。そうなると思想・哲学みたいな部分がクローズアップされてくるのはしょうがない。点数に差をつけて人に納得してもらうには理論武装が必要になっちゃうものなんよね。

ラーメンの今昔

作者は「昔のラーメンのほうが美味かったというのは過去の記憶が美化されているだけで現在のラーメンのほうがはるかに美味しくなっている」と度々主張している。個人的にはどうにもひっかかる部分である。「今も昔も美味しい店とマズい店、流行に安易に便乗してる店がある」ってだけだと思うんだけど。

「若い男は味覚が未発達で単調な味しかわからないバカ舌」というような事を登場人物が言うわけだが、豚骨や魚粉つけ麺とかってモロにそういう層向けだよね。こういうラーメンは味がくどくて単調だから途中で飽きて持て余し気味になるんでウンザリしてる。今の主流はそういうタイプのラーメンを出す店だし「昔より今のほうが味は上」というのはちょっと受け入れがたいなぁ。この作者がいう所の「昔のラーメン」って学食なんかで出るようなラーメンの味を指してるんだろうけど、昔だって普通の店だったらそんなの出さないよ。

こんな事を書くと舌の信用をなくしそうだが、正直なところ幸楽苑の一番安いラーメンのほうが昨今の豚骨ラーメン屋などよりも味のレベルと価格に対する満足度が高い。花月みたいなチェーン店なんかはやっぱり無難に万人向けで大当たりもないがハズレもない印象。それに比べやっぱり最近のラーメンは割高なんだよね、だからといって二郎系は好みじゃないし。

ここ10年ぐらいでいちばん美味かったと思ったのは新宿の某店で食べた排骨麺なんだが、子供の頃好きだったラーメン屋の味にすごく似てるあっさり醤油系。高いので気軽に食べに行けないのが残念だ。

 
スポンサーリンク

PAGE TOP
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!