英語の適当勉強法

気づいたら自己流で適当かつ何とな~く英語が読めるようになっていたので、その時の勉強法を覚書。大学受験でも早稲田あたりの問題はこの程度だと厳しいけど、MARCHレベルまでならそこそこ通用するんじゃないかねぇ。

英単語

何でもいいので英単語帳を1冊マスター。語彙力がないとどうにもならんので必須です。書店で適当に眺めて自分が見やすいと思ったものでOK。必須な英単語なんて限られているので収録されてる単語はどれも似たようなものです。

後は実際に英文で出てわからなかった単語を単語帳に追加してくのみ。

英文法

分厚いのじゃなくてもよいので英文法の問題集を1冊制覇。そもそも英文法がわからないと英文読めませんからね。ある程度マスターすると一気に道が拓けてくる感じ。試験対策としても問題に出やすく、すぐに得点につながるので最重要項目。

自分が使ってたのは『基礎英文法問題精講』。初心者向けで回答もわかりやすいしボリュームも少ないのでとっつきやすかった。
余裕があったら英作文の問題集もやっておくと吉。

英文読解

読解は……英語の問題集とかやるよりも普通の日本語の本や小説を読むのが一番。それか国語の現代文対策がそのまま英文読解対策にもつながる。
国語力(文章慣れや語彙力etc)があると、簡単な文なら英単語を拾っただけで意味の通った日本語に組み立て直してさっと読めるようになる。

国語力をつけるには文章慣れと語彙力をつける必要がある。それには本を読む、できたら同じ本を何度も読み返す事。ただし、本なら何でも良い訳じゃなくて、間違った日本語の使い方してたりする事が多いライトノベルなんかはダメ。間違った部分がわからない人はそのまま間違った使い方で覚えちゃう。国語ができない人は変な影響受けちゃうので危険。

海外の小説家が好きなら洋書の原本を買って読み比べるのも有効。その際に英文を書き写して訳も書くと頭に入りやすいのでなお良し。

辞書

電子辞書よりも紙の辞書を。電子辞書は軽いし嵩張らないけれど、例文が少ないので学習向きではない。例文がないと「どういう状況でこの言葉を使うのか」みたいな用法や感覚が理解しづらいのよ。

ある程度慣れてくると英英辞書もあると他の言い回しを調べたり、英語の感覚を掴みやすいのでかなり便利。


後は回数を重ねて慣れるだけ。そのうち自然と頭の中に英訳回路みたいなのができて何となく読めるようになります。
海外のゲームをやる時なんかも何とか読めるので助かってる。…といっても単語だけは古語とか特殊な語も多いので辞書をひかないとわからない事が多いのだけど。

 
スポンサーリンク

PAGE TOP
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!