Voigtlander Ultron 40mm F2 SLII Aspherical レビュー

私のお気に入りレンズ。同じ焦点距離のパンケーキレンズPENTAX DA40mmF2.8Limitedからの買い替え。FA35mmF2と迷ったんだけど、あっちはいつでも買えるからね。
一言でいうとオールドレンズ風現代レンズって感じ?

数値性能的な見方をしたらそんなに大した事のないレンズ。DA40mmF2.8Limitedのほうが全体的に性能は高く、どの絞り値でも光線状況でも破綻せず安定して高画質な写りだった。

IMGP0031

1/250 F3.5 ISO200 K-7

じゃあ何でDA40mmF2.8Limitedを手放してUltron40mmF2にしたのかというと「優等生すぎて面白みがない」から。趣味の写真だったら当たり外れがでたほうが楽しい。デジタルに移ってからは「こんな写りになると思わなくて自分でもビックリ!」みたいな感覚が減ったので特にそう思う。まあ、このレンズはそこまで暴れ玉じゃないんだけどなんか好き。

 
スポンサーリンク

作例&使用感

SLIIになる前の初期型は2002年の発売で、変更点は若干小型軽量化して別売だったフードが同梱されるようになった。光学系は初期型と全く同じで、つまりデジタルに最適化された設計とかじゃない。コーティングもたぶん変わってないんじゃないかな。

最短撮影距離は38cm(旧は40cmとなっているが鏡胴デザイン変更のせいか?)だが、付属クローズアップレンズを装着すれば25cmまで接写可能。着け外しが面倒なのでほとんど使わないが、写りは悪くない(接写だから粗が目立ちにくいというのもあるか)。

雪、落とし物

最短(38cm)で F4.5

自称パンケーキレンズだけど結構厚い。とはいえ、普通に見たらかなり小型軽量。コシナHPの情報だとマウントによってサイズと重量が違います。だいたいの長さがマウント装着部を除いて2.5cmほど、重さは200g前後。K-7に装着するとフィルム時代のカメラにメタルフードをつけた50mmレンズを組み合わせたような佇まいでよい感じ。LimitedじゃないFAレンズよりよほど高級感がある。

高コントラストの被写体でも意外にシャドーが粘る

高コントラストの被写体でも意外にシャドーが粘る

フィルム時代の終わり頃の設計だが色のりやコントラストは良好。色収差もほとんどなし。逆光・斜光には弱いかも、極まれにフレアがでることも。私は逆光対策で専用フードとレンズの間にリングをかませてフードの長さをかせいでる。50mm用のハクバとかのメタルフードでもいいかな。
コマ収差はAPS-Cでの使用でも大きい。

絞り開放F2でのコマ収差はこんなもの (K-7での撮影)

解像度はDA40mmF2.8Limitedのほうが高いようだけど、Ultron40mmF2も低いわけではない。絞り開放からでもけっこうイケる。F5.6あたりがいちばん良いか。描写の角が落ちて丸みを感じる、でも解像してないわけじゃない。デッサンでいうところの”回りこみの意識”を思わせる。優しい写り。
DA40mmF2.8Limitedは解像度が高いんだけど描写のエッジで角が立ってる印象。いわゆるカリカリの解像じゃなくてバスバスと鉈でぶった切ったような感じ。
まあ、Capture ONEで現像したらどちらも解像感は大差なくなっちゃうんですけどね。

絞り開放F2 ISO200 K-7

絞り開放F2 ISO200 K-7

海外レビューなんかではボケ味についてあまり良い評価をされていないようだ。そのくせDA40mmF2.8Limitedのボケ味は滑らかとか絶賛してたりするのはわけわからんですよ。F2開放では外周部に光が溜まってガチャガチャと煩いボケ味ですが、1、2段絞れば落ち着きます。F4とかで比べたら大同小異、どちらも大差ないです。わずかにDA40mmF2.8Limitedの滑らかさが上かも、という程度。ボケだけで両者を区別しろといわれたら私は無理、見分ける自信ないです。

一段絞ってこれくらいのボケ(F2.8)

一段絞ってこれくらいのボケ(F2.8)

口径食や周辺光量落ちはAPS-Cなら全く気にならない。しかし、口径食でグルグルボケになっちゃうのはさすがに御免だけど、絞り開放での光量落ちってそんなに騒ぐような事なのかね?開放の場合、自然と日の丸構図で周りはボカすパターンが多くなるしスポットライト効果もあってそこまで気にならないと思うんだけどな。
こういうテスト結果で騒ぐ傾向って昔から変わらないんだが、誌面で性能を採点する事の弊害だとカメラ誌のライターも嘆いてたな。

F4.5でもボケは角ばらない

F4.5でもボケは角ばらない

ペンタックスのFAレンズの写りが好きでDAレンズは線が太いからあんまり…って人にはけっこう良いレンズなんじゃないかと思うですよ。あー、それとFAの写りは好きだけど鏡胴デザインがダメって人にも特に。フィルムのMZ系あたりからずっとなんですが、ボディとレンズのデザインにここまで無頓着なメーカーってペンタックスぐらいじゃないかと…。台所事情が苦しいからそんな余裕はないというのもあるのか。フルサイズ機を出す時はさすがにリニューアルするんだろうけどね。

sakura_Ultron40mm

F8 ISO200 K-7

換算60mmって画角はそこそこ使いやすい。レンズ一本で出かけるなら換算50mmのほうがいいけど、中途半端でなかなか使いこなすのが難しいんだよね。60mm相当なら寄りの絵になりやすいので主題をはっきりさせた写真が多くなる。ついでに20mmぐらいのレンズも一緒に持ち歩きたくなるというジレンマもあるが…。

ここまで書いておいてナンですがP/Kマウント用はもう生産中止になってます。これだからペンタックスは…。まあ、これが発売された頃はまだラインナップにあっただけ現状よりマシなのかもしれない。
現在Ultron40mmF2はニコンとキヤノン用のみ発売。中古で見かけたら一考の余地ありですぞ。

Ultron40mmF2作例を追加→Ultron40mmF2作例

 
スポンサーリンク

PAGE TOP
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!