自宅で「焼き芋」

焼き芋をスーパーや屋台などで買うと結構な値段がする。そこで自宅でお手軽に焼き芋を作るにはオーブンやオーブントースターを使うのがオーソドックスな方法である。問題はそれらがない場合はどうするか?

とりあえず一人暮らしをしている人なら持っていそうな器具での作り方をあげておく。

電子レンジ

電子レンジで加熱した場合、焼き芋はかなり短時間でできるがあまり甘くならない。何故かというと薩摩芋の澱粉を糖化するにはあまり高くない温度で長時間熱を通す必要があるからだ。

電子レンジを使う場合は水で濡らした薩摩芋を新聞紙やキッチンペーパーなどで包み解凍モードで最低でも30分ぐらいじっくりゆっくり熱を通すほうがよい。電子レンジの出力にもよるので場合によってはもっと時間をかけたほうがよいかも。ただまぁ、時間がかかる割りにあまり甘く焼きあがらない時が多い印象ではある。その代わり水分が適度に抜けるのでホクホクになりやすい。

フライパン

フライパンに輪切り、もしくは縦切りなどにした芋を乗せ、熱気を逃がさないよう蓋をして時折ひっくりかえしながら弱火で焼く。火の通り具合は爪楊枝を刺すなどして確認する事。アルミホイルで包んだほうがうまく焼ける感じだが、焼け具合が目で見えないので匂いで判断。

無難な焼き方ではあるがフライパンのサイズ・深さの関係で芋の切り身?が小さくなりがち。そのため焼き芋っぽさに欠けるかな~という気がしないでもない。

炊飯器

炊飯器なので正確には「焼き芋」ではなく「蒸し芋」というべきか。失敗の少なさとお手軽さ、何よりもできあがりがいちばん甘いので結構お薦め。炊飯器に薩摩芋と同程度の量の水を入れて炊飯するだけ。これで甘~い蒸し芋ができる。

とにかく澱粉の糖化率が高く、芋の切り口から溢れた蜜が釜の底にカラメルになって溜まるほど。カラメルがこびりついて釜を洗うのが面倒なので、芋は二等分にして釜に入るぐらいのサイズまでがよく、蜜が垂れすぎないように切り口を上にするのが無難。入れる水が多すぎるとベチャベチャになるので水加減は色々試して。

 
スポンサーリンク

PAGE TOP
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!