自由自在に変形するビーズソファー「Yogibo」

自由に変形できるからグニャっと曲げたり伸ばしたりでベッドにもソファにも座椅子にもなるのが素敵。米国で特許申請中の新技術というが、どういう仕組みで曲げた状態を維持してるんだかよくわからん。縦置きっぽい感じで背もたれができちゃうのが不思議。買ったら中を開けてビーズがどうなってるのか確かめたくなっちゃうだろうな。

こんなビーズソファがあるなんて知らなかった。たまたまネットで見かけて一目惚れ。わたしゃこういう楽しそうなデザインと使い勝手が両立してるモノに弱いのよ。この手の自堕落系のアイテムで服+毛布ってのがあったけど、あれは見た目めがどうにもダメっだったからねぇ。今使っている座椅子がだいぶくたびれてきたから買い替えに丁度いいかな。そうするとリクライニング?できるYogibo MaxかYogibo Midiあたりがいいのか。

使わない時は立て掛けて置いておけば省スペース。当然カバーは外して洗濯機で洗える。別売もしているので痛んだり色を替えたくなった時に。補充用のビーズも用意されている。パイプビーズの枕なんかで中身をぶちまけちゃった事があるんでビーズが補充できるのは安心。それにクッションの類って使ってると中の詰め物がどんどんヘタってぺちゃんこになっちゃったりするしね。
クッションがそのまま座椅子やベッドになるってのはこういうメンテナンス面でも便利。座椅子は洗うわけにもいかなかったんでカバー代わりにバスタオルを掛けてた。背もたれのクッション部がへたってきたけど交換や修理のしようがないし。Yogiboならカバーを洗濯機につっこんで詰め物補充か交換で済みそうだ。

全長 厚み 重さ
Yogibo Max 170cm 70cm 48cm 8kg
Yogibo Midi 125cm 70cm 45cm 5.9kg
Yogibo Mini 85cm 70cm 40cm 4.2kg

サイズはベッド・ソファやベッドとしても使えるYogibo Max、1~2人で掛けれるソファや椅子として使えるYogibo Midi、一人用ソファに最適なYogibo Miniの3種類。色は全15種類。
実際に使ってる感じは↓の動画で。

ソファだけでなくオプションもたくさん。
肘掛けや背もたれになるU字型のYogibo SupportはYogobo Miniと組み合わせわるといかにもソファっぽくなる。Yogibo単体より形状の維持がしやすくなるし、色の組み合わせを考えるのも楽しい。

Yogibo Caterpillarも肘掛け&背もたれだがSupportよりも小さい。名前の通りイモ虫っぽい縞模様でカラーは鮮やかなブライトと落ちついたナチュラルの2色。

フルサイズ抱き枕のYogibo Rollとそれより小型のYogibo Buddy Roll。
他にもデザインのかわいいアクセサリがたくさん。ヤバい、お子様向けなんだろうけどYogi MateってぬいぐるみのGiraffe(キリン)がちょっと欲しい。

Yogibo販売店へ
この曲げたり伸ばしたりで色々作れるって何かに似ていると思ったら藤子不二雄のキテレツ大百科に出てきた『ねん土水」だ。子供の頃に読んでねん土水の回が好きだったんだよね。
サイトや動画で見かける人を模して頭と手がついてるバーバパパっぽいデザインのも欲しいんだけど商品ラインナップに見あたらないのが残念、非売品なのかな?

 
スポンサーリンク

PAGE TOP
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!