冨樫義博『幽遊白書』

これは一人の作家が自分のやりたい事とやりたくない事を自覚するまでの話なのですね。前半はどこかで見たようなキャラクターにテンプレ的・ありがち・偽善的なお話ばかりで正直読むのがしんどい。後半から徐々に『LEVEL E』『HUNTER X HUNTER』のような作品へとつながっていくような進化が見えてくる。

霊界探偵編

小学生をメインターゲット層にすえたわかりやすい人情話。見るべき部分があまりなくて2巻で打ち切りくらってないのが不思議なくらい平凡なでき。実際2巻ラストで生き返って終われるように描いてるしね。後の展開や作品と比べると子供ウケを気にして良い子ヅラしすぎて冨樫義博らしさが希薄。

暗黒武術会~仙水編

この手の少年マンガお約束のトーナメントバトル開催。これで人気が急上昇したんだっけ?このあたりから露骨な子供向け描写が減ってきて対象年齢層を少しづつ上げ始めてきた印象。露骨なテンプレやられ役もいるけど、だんだん対戦相手のキャラクター達の造形が使い捨てじゃなくなってくる。この時点では後の作品のような駆け引きやトリックなどはあまり見られず今の目で見ると結構厳しい。でも今時のマンガと違ってサクサク進むのはいいやね。

仙水編の「領域」でジョジョの奇妙な冒険などの能力者バトルテイストを取り入れ少しづつ後の作品群に近づく。いかにも冨樫義博っぽい読み応えがでてくるのはここからか。

魔界編

魔界編でほぼ現在のスタイルに到達と見てよいようだ。
本来なら3つの陣営に分配された主人公達の視点で三国志のような興亡が描かれるはずだったのだろうと思うんだけど。そうじゃなきゃ魔界編序盤で主要キャラクターがそれぞれ別の国に配置された意味が薄いんだよね。

魔界編では物語の最初からいた主要キャラクター達はほとんど出番がない。これも舞台が魔界だから彼らが来れないという設定の問題ではなくて、自分のやりたいストーリー展開や世界を描くのに初期のキャラ達は馴染まないので意図的に外したと見るべき。

3つの陣営が描かれて面白くなってきたと思ったら結局はしょうもないトーナメントバトル展開へ。

これは主人公達が争う展開に編集からNGが出たのか、読者人気が落ちてテコ入れでやらされたのか、はたまたワンパターンを要求する読者層にトーナメント途中で主人公達は敗退という展開で意趣返ししたかったのか当時の事情を知らない私にはわからない。

どちらにせよ作品世界を崩壊させて『幽遊白書』を本当に終わらせたかったんだなぁと。仙水編終盤の樹の台詞「オレ達はもう飽きたんだ お前らはまた別の敵を見つけ戦い続けるがいい」って本音がだだ漏れだよね。

何というか、大ヒットを飛ばしてるんだけどつくづく少年ジャンプに向いてないマンガ家だ。アフタヌーンあたりでデビューしてたほうが本人は楽だったんじゃなかろか。でもストレスとその反動が覚醒条件だったみたいだし、それがなかったらここまで売れる作家になる事はなかったんだろうなぁ。

自分が一番好きなのは終盤の16巻ぐらいから最後の19巻まで。作者がやる気をなくして終わらせたくてしょうがなかった時期が一番読んでいて面白いのは皮肉というか何というか。

休載も下書き状態も気にならないんで『HUNTER X HUNTER』の連載再開待ってますわ。

 
スポンサーリンク

PAGE TOP
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!