AMD A10-6800K 感想

意外と良いですな、これ。

1年前にPhenomII 960Tから換装したのですが、Bulldozer以降のAMD製CPUの評判は今イチなのでちょっと不安だったんですよ。

51Hd-DMBjkL._SL160_
Phenom II 960Tは5コア化とK10STATで低電圧化&3.6GまでOCして使っていた。これでそんなに不満はなかったのだけれど消費電力はアイドルでも90W台というのが少し気になっていた。

K10STATであれこれ設定を詰めようとしていたが、消費電力と性能のうまい落とし所がなかなか見つからない。レスポンスを上げようとすると動画再生なんかの軽い負荷でもぶん回っちゃう。それにアイドル側は電圧やクロックを下げても実測値がほぼ変わらず頭打ち。だからといって今更intelに移るのも面倒。そんなこんなで開き直ってAMDと心中に決定ですわ。

ホントはA10-7850Kにする予定だったんですが発売の遅れと予想以上の価格で予算オーバー「じゃあ、とりあえずA10-6800Kで組んじゃえ」という次第でございます。960Tマシンから使えるものは全て流用したのでAPUなのにRADEON HD7790積んじゃったりしてます。いや、メモリがDDR3-1333なんで……。

組み合わせたマザーボードはGigaByteのF2A88X-D3H。結果からいうとこれはちょっと失敗したかな。GigaByteは上位モデル買わないとダメやね。F2A88X-D3Hは電圧の上げは細かく設定できるんだけど、下げが全然設定できない。まあ、それ以外では大きな不満はない。

 
スポンサーリンク

性能

気になるパフォーマンスのほうはゲームでは体感もfps値も960T使用時からほぼ変化なし。WEIのプロセッサも変わらず。HEAVENベンチも有意なスコア差は見られなかったのですがfpsの最高値は960Tが上、最低値は6800Kが若干上という傾向。

面白い事に実使用時の体感速度は結構変わってまして、ブラウザのページ表示がかなり速くなったり小さいファイルやソフトの読み込みや立ち上がりがはっきり体感できるレベルで高速化しました。

RAW現像や圧縮・解凍などはコアが1個減った影響で少し落ちた感じ。960Tデフォの4コア状態なら差はわからないんじゃないかな。IPCの低下はクロックの上昇でじゅうぶん補えてると思います。

AMD OVERDRIVEを試したところ電圧を盛らなくても4.8Gはあっさり通った。使用したCPUクーラーはグランド鎌クロスだが、たぶん5Gぐらいまではイケそう。iGPUを使用していないぶん余裕があるっぽい。

ネガティブ要素としては大量あるいは大きなファイルの読み込みに弱くなった印象があります。例えばX-Finderで大量にファイルのあるフォルダを開いた時など

  • 960T→アイコンが書き変わっていくのが見えるが比較的早い段階から操作可能
  • 6800K→読み込みが終るまでX-Finderの操作は不可能

この960Tと6800Kの性格の違いはおそらくステート切り替えの高速化や新命令に対応した事とネイティブ4(6)コアと2モジュール4コア、L3の有無の差が関係しているんですかね?

消費電力について

960Tの設定はK10STATで最低1200MHz 0.85v 最高3600MHz 1.275v、これでだいたい90W台。SSD×1にHDD×2、グラボにサウンドカードと積んでいるからこんなものか。6800KはTurbo CoreをOffしただけでアイドル、動画再生、ゲームと何をやっても30W程度6800Kが低くなる。(Turbo Core Onだとゲームでは960Tとほぼ同じ消費電力)

倍率変更可能なので試しに電圧はそのままでクロックのみ最高4.4Gに設定したが特に問題なく動いている。これでTurbo要らずかな。しかも消費電力も4.1Gの時とあまり変わらないようだ。

試しにAPUのグラフィック機能をONにしてグラボを外してみたところアイドルで50W台。動画再生で7790使用時より20Wほど低くなる。ゲーム中は負荷にもよるのだろうが7790使用時とあまり変わらない。iGPU部と7790で3D時に消費する電力が大差ないという事だろう。これを試してからグラフィックボードのPCIe接続がAPU側をOFFにしてもx8に固定されちゃって、何をやってもx16に戻らない。性能的には誤差レベルだから気にしないほうがいいのか。

これだけお手軽に消費電力の差がつくと、K10STATでチマチマ設定を詰めていたのがアホらしくなるなぁ。私は一日中PCの電源入れっぱなしなんですが月々の電気代もわずかに安くなった。たぶんもう一年使えばAPUとマザーボード代はペイする。このままKaveriはスルーで次世代を待つとしましょうか。

…とかいってたらデスクトップ向けCarrizoは出ないみたいじゃないですか。イヤでも来年まで続投せざるを得ませんなぁ。


※追記 W3U-1600HQにメモリを交換したのでXMPでクロックを1866に設定。iGPUでもMount&Blade Warbandみたいな古くて軽いゲームだと90W台で、しかもプレイにじゅうぶんなfpsが出る。(解像度1400×1050において。4:3か3:2ぐらいの縦横比に合わせないと2D表示のみFHDに合わせて横に伸びてしまう…)

E.Y.E Divine Cybermancyでは1920×1080に設定してもあまり不満ないが消費電力は120W台、解像度を上げると消費電力が上がるのか?WARFRAMEは1600*900でオプション類をほとんどOFFにしてもちょっとキツイ。とりあえずDX9世代のゲームならそこそこ普通にプレイできると思ってよさげ。→詳細は別記事へ


PAGE TOP