Anker ゲーミングマウスパッド

安いくてデカいマウスパッド。それまで使っていたマウスパッドが小さくて、いちいち持ち上げてマウスの位置を直すのが面倒だったのでamazonで購入。サイズは32*27cm、このサイズで千円以下というのはゲーミングデバイスメーカーはおろかELECOMやサンワサプライよりも安い価格設定。Steel SeriesのQCKマウスパッド同等品?OEM?という噂を聞くが、その半額程度で売ってます。

素材については明記されていないが、布というよりはウェットスーツなんかで使われている素材っぽい見た目と手触りで、おそらく表面はナイロンか?Amazonレビューなんかで巻き癖でシワが…みたいなのを見かけたので気になっていたが、自分の購入したものは問題なし。

縁はほつれ止めの縫い目で盛りあがっているため、縁までいくとマウスが引っ掛かる。

自分の愛用しているA4TechのF3-JPだと滑りがよすぎて止めづらくカーソルがふらふらする感じ。パッドが硬めで沈みこみがあまりないのでブレーキが効かないのかな?F3はコードが硬く、それに加えて錘を抜いているので約80gとかなり軽量、マウスを停めて手の荷重が抜けた時なんかコードの癖に負けてカーソルが動きやすい。F3に錘を付け直すべきか考慮中。

控えのマウスAlien IV G9Xは100g台だが、こちらは滑り具合がちょうどよく使いやすい。こちらをメインにするのもアリかなぁ。他のマウスはしまいこんだり分解してしまっているので、これより重いマウスだとどうかはわからない。

耐久性はまだわからんが

耐久性についてだが、それまで使っていた布マウスパッドはF3で2年使って特に問題なし。マウスのソールもほとんど減っていなかった。Ankerマウスパッドの耐久性はまだ買ったばかりなので何ともいえず。F3もG9Xも軽いからパッド表面の負担は少ないはずなので長持ちするとは思う。

ちなみに重量級のロジG500+薄手の樹脂製パッドだと1年程度で表面の加工が擦り減ったうえボコボコ波打つわでかなり使いづらくなっていた。もっと軽いマウスでも似たような感じだったし、ソールが保たないのでトスベールで代用する事が多かった。布マウスパッドだからといって耐久性に欠けるという事はないんじゃないですかね。

尚、手汗対策だと思うが異様に液体の吸収性がよい。飲み物などをうっかり零すと表面で弾く事なくあっという間に吸い込んでしまうため注意が必要。

組み合わせについて

マウスパッドって同じ銘柄でも人によって評価はまちまちで今イチ参考になりづらい。なぜかというと、組み合わせるマウスの重さやソールの材質・形状、操作の仕方とか他の要因の影響が大きいから。マウスパッド単体で滑りや耐久性について良いだの悪いだのいってもあまり意味がない。

マウスが軽いほうが動きだしに必要な力は少なくなる、これは事実。じゃあ楽に止められるか?というとそう単純にはいえなくなる。「微細に力と動きをコントロールして思った場所で止められるのか?」という人間側の能力が問題になってくるんですね。軽いからといって自由自在に操れる訳じゃないのです。

ハイセンシ・ローセンシなどの感度設定についても重量と似たようなものであり、かつ補いあう関係。ハイセンシに錘を仕込んだマウスとか、動きすぎるてコントロールしづらいのを重さによる負荷や抵抗で緩和する狙い。そんで、マウスパッドもこの組み合わせの要素の一つ、そういう事です。

経験上、軽量マウスにはブレーキの効く布マウスパッドが、重量級マウスには沈み込みがなく余分な抵抗のない樹脂やガラスなどの硬いマウスパッドが向いているかなぁ、と。当たり前といえば当たり前すぎる話ですが、時々このへんを全く考慮せず不毛な議論(というか言い合いですね)をしているのを見かけるもので。


PAGE TOP