マウスetc

KOVAはかなり気に入って使っていたのだが、左クリックの感触がおかしくなってしまった。その症状は以下のような感じ。

押しこんでカチっとマイクロスイッチが反応するまではいい。その後、指を離していくとマイクロスイッチが戻った感触を伝えてくる。そこから指が完全に離れる間際にさらにもう一段、板バネのような感触が伝わってくるのだ。この二重にクリック感と音がする感覚、けっこう気持ちが悪い。

Windows

9月の.NETのセキュリティアップデートを実行してからRansomFreeがうまく起動しなくなってしまった。本体エンジンは動いていてタスクトレイのコンパネ部分がダメな気配だ。
エラーメッセージによるとd3dcompiler_47.dllというのが無いのがイカンらしい。再インストールしてみろ的な指示が出るのだが、RansomFreeはアンインストールもできなくなってしまっている。本体はkillしても何度もゾンビの如く立ち上がってくるし、本体が定期的にコンパネをロードしようとしてその度にエラーを吐きよる…。

Windows, その他ソフトウェア

主にアプリのインストール用に使用していたHGSTの500Gが手狭になったのでHDDを買い足した。

問題は古いHDDから新しいHDDへファイルのコピー時に起こった。Aviraが誤検出してファイルを隔離しまくるのだ。いやまあ、昔のゲームのユーザーパッチとかでexeファイルを書き換えたり、仮想通貨のminerなど挙動としてはマルウェアっぽいのは確かなのだが…でもなぁ。

隔離されたファイルを復活させると常駐保護が働いて即座にまた隔離…。普通はこういう時って自動で例外に登録せんかえ?昔のAviraは検出時に隔離するかどうか聞いてきたのだが、最近のバージョンでは問答無用で隔離しやがる。しかも、これまた自動かつ削除不可でスケジュールに完全スキャンを組み込みよる。

PCゲーム, Piranha Bytes, RPG

一応RISEN3のTIPSを書いていく。ただし、このゲームは中盤ぐらいからもう消化試合の様相を呈してくるため、あまり効率を追い求めないほうがいいかもしれない。

英語版の表記が混じっているのは海外サイトやフォーラム見てるとそっちの名前で覚えちゃって日本語MODの訳を忘れちゃってるからです。

ソウル

ソウルは下げるのも上げるのも大変。とはいえ良い子面してるとあっという間に上がりきってしまう。
ソウル値の調整のため、ソウルを変更できるサブクエストはあまり手をつけずに残しておく事。ただしソウルそのものに大した意味はないようだ…。
一応エンディングが数値によって3種類(大した変化はない)。それ以外では極端に高いか低いと特定の仲間が離脱してしまうだけっぽい。

実績のAngelとDemonを1回のプレイで獲りたい場合はある程度ソウルを下げた状態でセーブ。黒い心臓やクエストの会話でソウルを一気に10以下まで下げてDemonを先に取得。その後セーブデータから再開して今度はソウルを上げていく。

Risen3夢

ストーリー的には急がないといけないような話なのだが、実は悪夢を見る回数は有限。時間制限はないのでゆっくり好きなだけ船で移動なり睡眠なりしてOK。悪夢はゲーム進行や移動を重ねる事でアンロックされ貯まっていく。
ついでに黒い心臓は1個も食べなかったとしてもクリアには一切関係ない。HP上限値アップとソウル下げのためだけのアイテムやね。Bonesさんの言う事は信用していいんだか何だか…。

スポンサーリンク

PCゲーム, Piranha Bytes, RPG

Gothic3の制作会社なのでちょっと期待していた。しかし、Piranha Bytesの変にマゾいゲームバランスと拘りに中途半端なゲーム機向け調整が合わさった感じで第一印象はかなり悪い。

どうみても一本道のマップ構造にカットイン山盛りで「そういうゲームなの?」と萎えまくるが、とにかくチュートリアルの第一章(Crab Coastの宝探しね)をクリアするまで我慢。

他にもチュートリアル中に回復ポイントが一箇所もないので体力回復は消費アイテムのみってのも酷い。このゲームの戦闘は慣れるまで難しいから海賊の焚き火あたりに水樽でも置いときゃいいのにね。メタスコアの低さはチュートリアルのせいも大きいんじゃないのか?

この先もずっとこんな感じなのかと不安になるが、チュートリアルさえ越えれば印象がガラリと変る。これ以降はいかにもGothicシリーズの続編だなぁという感じになってそれなりに自由に旅を楽しめるようになる。

Risen3風景
Enhanced Editionなので意外とグラフィックが重い。 設定は全て普通、陰のみ低。

とはいってもあくまで手をつける順番に自由があるというだけで話そのものは完全に一本道。シナリオはごくフツーのRPGで可もなく不可もなくという感じ。話に期待したらアカン。

Risen2と同じく舞台は複数の小島。これってやっぱり1つの大陸よりも島にして小分けにしたほうがメモリ的に楽なんでしょうね。でも、島が多くてどこまで踏破したのか紛らわしいのが少ししんどい。白地図形式ならよかったのだが…。
いかにも怪しげな場所を探索した後にクエストでまた行かなくちゃならなくなるケースが多いのもまた辛い。

未分類

最近はどうもMinerGateのサーバーの様子がおかしいので、MinerGateでマイニングはほとんどしていない。たぶん登録者数が増えすぎたのと外部から攻撃でも受けているのだろうか?
それに加えて、暑くなってきたのでGPUを酷使して室温を上げたくないというのもある。とりあえず使った電気代以上には稼いだので、まあ良し。

現在は別のコインを細々と掘っていて、その紹介&解説記事でも書こうかと思ったのだが、色々考えた結果止める事にした。結局のところ、それをブログで晒しても一文の得にもならないどころか、かえって損をする可能性が高いのだ。

所詮マイニングってのはパイの取り合いな訳で人が増えればそのぶん自分の取り分が減る。セコいと言われようがこれ以上自分の掘っているコインの採掘者を増やしたくないのですわ。これがもっとメジャーなコインだったら今更自分が情報晒そうが影響はないのだろうけれど。「マイニングってのは儲かるらしい」というだけでPCの知識も投資の経験もない人が訳もわからないまま突撃してくるご時世だから…。

マウスetc

写真での第一印象は「これはちょっと……」
昔のマンガかアニメの近未来の車みたいなデザインに見えたのだ。購入したのはホワイトだが実物は割と落ち着いた感じで悪目立ちはしないと思う。

手にとった感想は「お、いい手触り」。スベスベ・サラサラで普通のラバーコーティングではないらしい。ホワイトは通常の黒より1層増えている豪華版とのこと。表面が固いので汚れが食い込んだりせず、簡単に拭き取れるのがいい。このコーティングはROCCATによると2年間は保つそうだが…はたしていかに?

KOVA白外観
LED+蛍光灯で撮ったので色が微妙に変

箱から出したら何はなくとも畳まれて折れているケーブルを伸ばしておく。G500では保管してたら折れ目のある箇所からほつれて中身が飛び出しやがったから…ほんとあの布巻き酷かったね。

ケーブル抜きの重量は99gしかないはずだが、マウスを動かそうとすると何だか妙に重く感じる。どうやら重心の関係か持つ位置で手に伝わる重さがかなり変わるようだ。普段はつまみ持ちなのだが、かぶせ持ちにしてからは重さを感じなくなった。

センサーはPMW3320なのでローセンシでぶん回す人以外は大丈夫なんじゃないかな。今はシビアなエイミングを要求するゲームをしてないんで全然わからん。とりあえず使っていて違和感はない。

その他ソフトウェア, ハードウェア


マイニングしても電気代の無駄にしかならないというのは本当なのか?久しぶりに旧製品とはいえミドルクラスのグラボを入手したので自分で試して確認してみたくなった。

今回入手したグラボはMSIのR7850 Power Edition。RADEON HD7850のPitcairnはPolaris世代が出るまで延々リネームされてなんとR7 370まで使い続けられた代物。MSIの7850PEはOC品の癖に電圧低めで消費電力抑えめだ。OpenCL性能はシェーダー数とクロックでほぼ決まってしまうようなので、ぶっちゃけワットパフォーマンス的には最新のRX4x0以外なら大差なかったりする。これならちょっと試すぐらいいいでしょう。

マイニングはよくわからんのでメジャーっぽい「MinerGate」でアカウントを作成。掘る仮想通貨はMonero(XMR)を選択。同時にFCNも掘る設定だが、こちらは価値が低くてほんとにオマケだね。
Ethereumのほうが価値が高いようだがVRAM2GBのグラボではツールがうまく動かず掘れないのが悲しい。