マウスetc

KOVAはかなり気に入って使っていたのだが、左クリックの感触がおかしくなってしまった。その症状は以下のような感じ。

押しこんでカチっとマイクロスイッチが反応するまではいい。その後、指を離していくとマイクロスイッチが戻った感触を伝えてくる。そこから指が完全に離れる間際にさらにもう一段、板バネのような感触が伝わってくるのだ。この二重にクリック感と音がする感覚、けっこう気持ちが悪い。

マウスetc

写真での第一印象は「これはちょっと……」
昔のマンガかアニメの近未来の車みたいなデザインに見えたのだ。購入したのはホワイトだが実物は割と落ち着いた感じで悪目立ちはしないと思う。

手にとった感想は「お、いい手触り」。スベスベ・サラサラで普通のラバーコーティングではないらしい。ホワイトは通常の黒より1層増えている豪華版とのこと。表面が固いので汚れが食い込んだりせず、簡単に拭き取れるのがいい。このコーティングはROCCATによると2年間は保つそうだが…はたしていかに?

KOVA白外観
LED+蛍光灯で撮ったので色が微妙に変

箱から出したら何はなくとも畳まれて折れているケーブルを伸ばしておく。G500では保管してたら折れ目のある箇所からほつれて中身が飛び出しやがったから…ほんとあの布巻き酷かったね。

ケーブル抜きの重量は99gしかないはずだが、マウスを動かそうとすると何だか妙に重く感じる。どうやら重心の関係か持つ位置で手に伝わる重さがかなり変わるようだ。普段はつまみ持ちなのだが、かぶせ持ちにしてからは重さを感じなくなった。

センサーはPMW3320なのでローセンシでぶん回す人以外は大丈夫なんじゃないかな。今はシビアなエイミングを要求するゲームをしてないんで全然わからん。とりあえず使っていて違和感はない。

その他ソフトウェア, ハードウェア


マイニングしても電気代の無駄にしかならないというのは本当なのか?久しぶりに旧製品とはいえミドルクラスのグラボを入手したので自分で試して確認してみたくなった。

今回入手したグラボはMSIのR7850 Power Edition。RADEON HD7850のPitcairnはPolaris世代が出るまで延々リネームされてなんとR7 370まで使い続けられた代物。MSIの7850PEはOC品の癖に電圧低めで消費電力抑えめだ。OpenCL性能はシェーダー数とクロックでほぼ決まってしまうようなので、ぶっちゃけワットパフォーマンス的には最新のRX4x0以外なら大差なかったりする。これならちょっと試すぐらいいいでしょう。

マイニングはよくわからんのでメジャーっぽい「MinerGate」でアカウントを作成。掘る仮想通貨はMonero(XMR)を選択。同時にFCNも掘る設定だが、こちらは価値が低くてほんとにオマケだね。
Ethereumのほうが価値が高いようだがVRAM2GBのグラボではツールがうまく動かず掘れないのが悲しい。

Linux, ハードウェア

さて、ようやくLinuxでsteamが使えるようになった。しかしA10-7850Kだと性能的にちょっと無理なゲームが多いようだ。

Borderlands2は720pで画質最低設定にしてようやく…といったレベル。なまじRADEON HD7790でプレイしていた記憶があるぶん画面のショボさとfpsの低さが辛い。
そしてLinuxで動くゲームを増やしたくて購入してみたThe Witcher2は推定で10fps切っていてまともにプレイできない。

しかたがないのでグラボを久々に追加する事にした。候補はRAEON HD7000世代である。
理由は予算の都合といい感じに古くなっているのでドライバが枯れているのを期待してだ。いや、ほんとはRX460あたりがいいかなぁとも思ったのだが、新しすぎてドライバがまだちょっと怖い。

RADEON HD7000番台で買うとしたら7750か7790、そして7850あたりか。どれもほぼ同じワットパフォーマンスでけっこう優秀だが7750は今から買うにはちょいと性能不足。7790はVRAM1Gというのが微妙。性能的には1Gでも十分かもしれんけど…。(2Gモデルもあるのだが探すのが大変)

という訳で購入したのがMSIのR7850 Power Edition。こいつはOCモデルだが、電圧も下げられていたり電源周りが豪華になっているため消費電力は通常の7850とほぼ同じ。OC耐性も高いし冷却も強力で通常の使用ならゲーム中でもファンはほぼ無音。こんな高級モデルの癖に中古の価格が7790よりも安かったので即決。

スポンサーリンク

ハードウェア

現在所有している2190UXiは壊れかけだしEA232WMiはへたってきた感じだ…。そろそろ代替を探さにゃ。

聞くところによるとVA方式のパネルは目に優しいらしく、しかも黒が締まるのでコントラストが高いらしい。しかし近年はIPSパネルの価格が下がった事もあり、ゲーム用途でTN、それ以外はIPSのディスプレイがほとんど。VAを採用したモデルを出しているメーカーも少なくなってしまった。

まあ、早い話が絶滅前にVAパネルを試しておきたかっただけ。何せ2190UXiなんて国内で入手不可能になってから欲しくなったので仕方なく個人輸入するはめになった、ああいうのはもうたくさんだ。

タイミングやショップにもよるが激安で売られてて、自分の場合は約14k円で購入。この金額ならハズレでも痛くない。最初に結論から書いてしまうと「この値段でこの出来なら大満足」というところ。

Linux, ハードウェア

ふと気づいたらLinux MintでXonar STの音が出なくなっていた。Windowsで使っていた時もたまに音が出なくなったりカードを見失っていたので「またか」と思い、いつも通り再起動してもダメなまま。Windowsで起動してみてもやはり音は出ない。

ほんとに壊れた?

最初はOPアンプが熱?でやられたのかと思ったのだが交換しても変化なし。コンデンサが破裂してたり膨らんでる様子もない。容量抜けかもしれん。あのノイズ対策のカバーやっぱ熱がこもって悪影響あるんじゃないか?怪しいコンデンサ貼り替えを試すにしてもニチコンのFine Goldだし数を揃えたらけっこう金かかりそうだなぁ…。

それか電源のSS-650KMはもう7年ぐらい使ってるからついにイカれて、まずはXonarに影響が出たのか?前に使っていた電源が壊れる直前にXonarのボリュームが異常に小さくなったりしてたしなぁ。Xonarはマザボじゃなくて4ピン端子から音声出力回りの電源とってるから影響が出やすいみたい。

でも電圧がふらついてる感じもないんだよね。HDDの読み書きもSMARTを見た限りでは大丈夫そうだ。焦って電源交換する前にオンボか別のサウンドカードを試すほうが先だろう。

マウスetc

F3のホイールが入力と逆側に反応する事が増えてきた。大きくスクロールさせる時は平気なのだが、画像ビューアなどで1枚移動とかの1ノッチだけみたいな入力時に起きやすい。

A4Techのマウスで壊れるのはまずホイールまわりというのはよく聞く。こりゃあエンコーダを移植するしかないかと思ったが、念の為にマウスを分解して掃除してみた。

ハードウェア, マウスetc

安いくてデカいマウスパッド。それまで使っていたマウスパッドが小さくて、いちいち持ち上げてマウスの位置を直すのが面倒だったのでamazonで購入。サイズは32*27cm、このサイズで千円以下というのはゲーミングデバイスメーカーはおろかELECOMやサンワサプライよりも安い価格設定。Steel SeriesのQCKマウスパッド同等品?OEM?という噂を聞くが、その半額程度で売ってます。

素材については明記されていないが、布というよりはウェットスーツなんかで使われている素材っぽい見た目と手触りで、おそらく表面はナイロンか?Amazonレビューなんかで巻き癖でシワが…みたいなのを見かけたので気になっていたが、自分の購入したものは問題なし。