PCゲーム, Piranha Bytes, RPG

一応RISEN3のTIPSを書いていく。ただし、このゲームは中盤ぐらいからもう消化試合の様相を呈してくるため、あまり効率を追い求めないほうがいいかもしれない。

英語版の表記が混じっているのは海外サイトやフォーラム見てるとそっちの名前で覚えちゃって日本語MODの訳を忘れちゃってるからです。

ソウル

ソウルは下げるのも上げるのも大変。とはいえ良い子面してるとあっという間に上がりきってしまう。
ソウル値の調整のため、ソウルを変更できるサブクエストはあまり手をつけずに残しておく事。ただしソウルそのものに大した意味はないようだ…。
一応エンディングが数値によって3種類(大した変化はない)。それ以外では極端に高いか低いと特定の仲間が離脱してしまうだけっぽい。

実績のAngelとDemonを1回のプレイで獲りたい場合はある程度ソウルを下げた状態でセーブ。黒い心臓やクエストの会話でソウルを一気に10以下まで下げてDemonを先に取得。その後セーブデータから再開して今度はソウルを上げていく。

Risen3夢

ストーリー的には急がないといけないような話なのだが、実は悪夢を見る回数は有限。時間制限はないのでゆっくり好きなだけ船で移動なり睡眠なりしてOK。悪夢はゲーム進行や移動を重ねる事でアンロックされ貯まっていく。
ついでに黒い心臓は1個も食べなかったとしてもクリアには一切関係ない。HP上限値アップとソウル下げのためだけのアイテムやね。Bonesさんの言う事は信用していいんだか何だか…。

PCゲーム, Piranha Bytes, RPG

Gothic3の制作会社なのでちょっと期待していた。しかし、Piranha Bytesの変にマゾいゲームバランスと拘りに中途半端なゲーム機向け調整が合わさった感じで第一印象はかなり悪い。

どうみても一本道のマップ構造にカットイン山盛りで「そういうゲームなの?」と萎えまくるが、とにかくチュートリアルの第一章(Crab Coastの宝探しね)をクリアするまで我慢。

他にもチュートリアル中に回復ポイントが一箇所もないので体力回復は消費アイテムのみってのも酷い。このゲームの戦闘は慣れるまで難しいから海賊の焚き火あたりに水樽でも置いときゃいいのにね。メタスコアの低さはチュートリアルのせいも大きいんじゃないのか?

この先もずっとこんな感じなのかと不安になるが、チュートリアルさえ越えれば印象がガラリと変る。これ以降はいかにもGothicシリーズの続編だなぁという感じになってそれなりに自由に旅を楽しめるようになる。

Risen3風景
Enhanced Editionなので意外とグラフィックが重い。 設定は全て普通、陰のみ低。

とはいってもあくまで手をつける順番に自由があるというだけで話そのものは完全に一本道。シナリオはごくフツーのRPGで可もなく不可もなくという感じ。話に期待したらアカン。

Risen2と同じく舞台は複数の小島。これってやっぱり1つの大陸よりも島にして小分けにしたほうがメモリ的に楽なんでしょうね。でも、島が多くてどこまで踏破したのか紛らわしいのが少ししんどい。白地図形式ならよかったのだが…。
いかにも怪しげな場所を探索した後にクエストでまた行かなくちゃならなくなるケースが多いのもまた辛い。

Linux, PCゲーム

Linux Mint 64bitでsteamを使おうとしたらいきなり躓いた。ゲームが動く動かない以前に「ソフトウェアの管理」からsteamをインストールしてもブラウザが立ちあがらないからゲームの起動すら試せないんである。

ちょっと調べたらsteamにしろWineにしろ、どうも32bit版でないとうまく動かないケースが多いらしい。うーむ、steamなんて32bit版のディストリビューションはもうサポートしないと宣ってたはずなのだが…。

32-bit Linux distributions are also no longer supported. Please install a 64-bit Linux distribution to make use of the Steam browser.
The Steam Browser is Disabled – Specific Error Messages – Knowledge Base – Steam Support

steamブラウザは32bitアプリだから64bitのLinuxだと起動しないという話は見たが…。steamフォルダ内には64bit版のファイルなどあるのだが???
さっぱり訳がわからない。

steamがダメならGOGはどうだ?と思ったのだが、「The game comes with a 32-bit binary only.」と32bit版のものがほとんだ。32bitのライブラリをインストールでイケそうなのだが、手持ちのGOGのゲームはちょうど64bit版でも動くものしかない(FTLとか)ので試せない。

PCゲーム

フリーゲームでWindowsやLinuxなどOpenGLが使用できる環境ならプレイ可能。固定画面の面クリア型のシューティングゲーム。8方向移動可能だったり敵を掴まえて自機の左右にズラっと並べてワイドショットできたりとnamcoのギャプラスにそっくり。チャレンジングステージがないのがちょっと残念。

ClassicとBasic、Modernの3モードの選択式。
共通システムは敵出現から早く倒すほど画面右上の得点倍率が上昇、放置していると下がっていく。
8方向移動と2ボタン操作でショットは押しっぱなしでオート連射。もう1つはキャプチャービームor挑発ビーム(Modernのみ)。
キャプチャービームは要するにギャプラスのファランクス(赤のブラスターヘッド)。Titanionだと自機の移動範囲が制限されないのでたくさん敵をつけた状態でも使いやすい。

どうみてもファランクス

Classicは敵を破壊するとゲージが溜まっていき、フル状態でボタンを押すとキャプチャービーム発動(無敵)。当然、PHASEが進むと敵を撃破時にビーンカード(豆腐)が出るよ!

スポンサーリンク

PCゲーム

秋刀魚24尾なんとか集め終わった。なんとなくだが去年よりも出やすくなっていたような?

報酬は『一六式大漁旗』を選択した。大型探照灯はすでに1個あるし去年の大漁旗はもうあるしね。任務クリアしても秋刀魚が失くならずそのままとは思わなんだ。去年もそうだったっけ?もう記憶がないわ…。

sanma_flag

秋刀魚のほとんどは3-3で回収。やはりハズレルートなしで運が良ければ2回ドロップがおいしい。

RPG

なぜか今さらTitan QuestにHD化+バランス調整バージョンが登場した。Steamで旧TQを所有していれば拡張版のITなしでもライブラリに追加されるみたい。最初から日本語化されてるのでMODは必要なし。
キャラデータは引き継ぎ可能。速度を3段階に調節できるようになって一番低い「普通」でもわずかにオリジナルのTitan Questより速いようだ。

20160920214433_2
なぜかおっさんに……

バランス調整は正直なところあまり感心しないでき。弱いスキルをbuffして強いスキルをnerfという普通の調整っぽいのだが、単に爽快感がなくなってダルくなっただけという気がしないでもない。あれかね?格ゲーみたくゲームスピードを速くしたぶん全体の攻撃力を下げてバランスとった感じ?

MOD「Soulvizier」のほうがバランスいいかなぁ。

TQ VaultはAE対応パッチを当てないと使えないみたいだが旧キャラのデータも読める。(念の為書いておくがSoulvizierのような改変MODで使ったキャラのアイテムは化ける。)

UIが変更(旧バージョンに戻せる)
UIが変更(旧バージョンに戻せる)

お気に入りのSpi/Dreで現在Epic Act4まできたがDreの主砲2つのnerfが微妙で、威力低下のせいで雑魚処理が面倒になった。石化や気絶中に処理できるんだけど拘束時間も短くなってるしね。

ゼロから進めるつもりだったが旧キャラの装備を持ってこないと威力が足りなくてしんどい。スピードは上がったけどテンポが悪くなったなぁ。

まあレジェまで進めてみないと他の調整項目も含めたバランスの取り具合はわからないから、あくまでEpicまでの感じって事で。

PCゲーム, RPG

数年前にDiablo1がWindows7でも動くと聞いたので試した事がある。しかし、その時は色化け+メーカーロゴの後に落ちるという有様。管理者権限だのexplorer停止だのネットで見つかる対策はあれこれ試したのだが全てダメだった。

最近になって何とはなしに再挑戦したら色化けするものの普通に起動するようになっていた。マトモに起動しなかったのはWindowsアップデート絡みだと思うのだがホント迷惑というか厄介というか…。古いフリーソフトなんかでも気がついたら起動不可とか何か不具合がでるようになってたり、何時の間にやらまた普通に動くようになったりして何とも困る。XPまではそこまでフラフラ挙動が変わったりしなかったと思うんだがなぁ。

Diablo1

後は色化け対策パッチを当てただけで無事プレイ可能になった。これはddraw.dllをいじったものであり、レジストリに色化け対策を記述するパッチが効果ない環境でも大丈夫。

→色化け対策のDirectDraw Patch(一応はHellfireでも動くようだ)

RADEON+Windows7はでCCCの設定画面からスケーリング処理をOFFにできないためフルスクリーン表示はもちろん、ウインドウ表示でも640×480のネイティヴ解像度以外では(整数倍であっても)スケーリング処理がかかって輪郭がボヤけてしまう。以前見つけたパッチATIGPUScalingFix-Win7でスケーリングOFFに設定してるのだが、効くものと効かないものがあってDiablo1やWARFRAMEなんかではDot by Dot表示にならないのだよな…。まあ640×480だとCRTのボケ具合に近いような気がしないでもないが。→最近のドライバだと逆だった。スケーリングONで画面中央に設定でDot by Dotにできるっぽい。ATIGPUScalingFix-Win7はもう要らないね。

Piranha Bytes, RPG

GOTHIC3_TITLEGothic3のファンパッチだが実質オフィシャルパッチであるCPT1.7系(最新は1.75)で有効化できるリバランス機能。

内容的には以下の3点がメインのようだ。

  • スキル習得コストの見直し
  • 武器・防具の数値調整
  • 受けるダメージの調整

ABのON/OFFはNewゲーム時に選択する。開始してしまったゲームではもう変更は効かないので注意。SAVEデータは完全に別物として扱われONではOFFのSAVEデータは表示されないし、その逆もしかり。AIのほうはいつでも切り替え可能なんで自分の好みで選ぶといい。