Linux MintでRADEONはアカンですねぇ

2017年4月7日

さて、ようやくLinuxでsteamが使えるようになった。しかしA10-7850Kだと性能的にちょっと無理なゲームが多いようだ。

Borderlands2は720pで画質最低設定にしてようやく…といったレベル。なまじRADEON HD7790でプレイしていた記憶があるぶん画面のショボさとfpsの低さが辛い。
そしてLinuxで動くゲームを増やしたくて購入してみたThe Witcher2は推定で10fps切っていてまともにプレイできない。

しかたがないのでグラボを久々に追加する事にした。候補はRAEON HD7000世代である。
理由は予算の都合といい感じに古くなっているのでドライバが枯れているのを期待してだ。いや、ほんとはRX460あたりがいいかなぁとも思ったのだが、新しすぎてドライバがまだちょっと怖い。

RADEON HD7000番台で買うとしたら7750か7790、そして7850あたりか。どれもほぼ同じワットパフォーマンスでけっこう優秀だが7750は今から買うにはちょいと性能不足。7790はVRAM1Gというのが微妙。性能的には1Gでも十分かもしれんけど…。(2Gモデルもあるのだが探すのが大変)

という訳で購入したのがMSIのR7850 Power Edition。こいつはOCモデルだが、電圧も下げられていたり電源周りが豪華になっているため消費電力は通常の7850とほぼ同じ。OC耐性も高いし冷却も強力で通常の使用ならゲーム中でもファンはほぼ無音。こんな高級モデルの癖に中古の価格が7790よりも安かったので即決。

早速とりつけてみたものの…

この頃のRADEONは動画でムダにクロックを上げるので電気喰いなのは覚悟していた。しかしアイドルの消費電力がメチャクチャ高いって?A10-7850K(以後紛らわしいのでKaveri)のiGPU使用で60W前後のところ80Wっておかしくね?せいぜい+10Wぐらいのはずなのだが。WindowsでA10-6800K+7790を使ってた時で60Wぐらいなのに…。

当然、動画再生でもDXVA有効だとアイドルから+3~40Wは上積みされ120Wとかいっちゃう。

念の為にクロックを確認したが、ちゃんとアイドルの300/150まで下がってるし電圧も落ちているようなのが解せない。

Linuxにはハイブリッドグラフィックという機能がある。こいつを使えばオンボとグラボを好きなように使いわけて出力できるっぽい。(レンダリングをグラボにやらせてその映像をオンボ経由で出力とか)
3Dなど重い処理では7850PEもスペック通りの数字になるので、通常はKaveriを使いゲームの時だけ7850PEを使おうと思って試してみた。しかしこれもダメ。
まずモニタを接続していない7850PEのZeroCoreが効かずファンも最高速度で回転しっぱなし。ターミナルからコマンドを打って7850を停止させようとしても効かない。これじゃ使いものになりまへんなぁ。

消費電力が高いのは外れ品で仕様変更でもあったのかとも思ったが、イヤ~な予感がしたのでWindowsで7850PEを試してみた。
そしたらすんごいのね。
アイドルが60W前後で収まりLinuxでKaveriのiGPUi使用時とほとんど変わらない。Linuxを古いHDDにインストールしたのでSSDとの消費電力差が少しはあると思うが、それでもねぇ。それに当たり前ではあるけれどKaveriをプライマリにして7850セカンダリ設定でちゃんとZeroCoreが効く。

ついでにKaveriでDXVAもWindowsのほうが10W以上低い。というか、Windows+7850でDXVAをOFFにして再生した時とLinuxでKaveriのDXVA時が同じぐらい。いやまあWindows環境で7850PEのDXVA使うよりもCPUのほうが20Wは低いってのもアレですが。

フルパワーで動いてる時は差が出ないようだから、Linux環境におけるRADEONのパワーマネージメントがかなりダメって事ですかねぇ。iGPUならメモリクロックは変動しないから?そこまで大きな差にはならないという事だろうか。グラボだとVRAMクロック全開時と大差ない感じの消費電力になっちゃうようだ。(アイドルの実消費電力が7850のマルチモニタ時の消費電力と合致するんだよね。)

Linuxで消費電力をケチるためにAPU使うよりもWindowsでRADEONグラボ使うほうが低くなるというつまらん結果に。
困ったものです。

追記

ちょうどRADEON HD7850のSouthern Islands(以下SI)が谷間世代なんですかねぇ。Kaveriのほうはオープンソースのamdgpuで動くけれど、SIはLinuxのkernelを4.9に上げてようやく実験的対応だとか。(Linux Mint18のkernelは4.4)
でも確認したら7850PEはちゃんと古いatiドライバで動いてるのだよなぁ。枯れているのを狙ったつもりが返って墓穴を掘った?

不具合報告をよく見るので怖いけどAMD謹製ドライバのamdgpu-proを試すしかないのか。

 
スポンサーリンク