Linux Mint 64bitでsteam

2017年3月29日

Linux Mint 64bitでsteamを使おうとしたらいきなり躓いた。ゲームが動く動かない以前に「ソフトウェアの管理」からsteamをインストールしてもブラウザが立ちあがらないからゲームの起動すら試せないんである。

ちょっと調べたらsteamにしろWineにしろ、どうも32bit版でないとうまく動かないケースが多いらしい。うーむ、steamなんて32bit版のディストリビューションはもうサポートしないと宣ってたはずなのだが…。

32-bit Linux distributions are also no longer supported. Please install a 64-bit Linux distribution to make use of the Steam browser.
The Steam Browser is Disabled – Specific Error Messages – Knowledge Base – Steam Support

steamブラウザは32bitアプリだから64bitのLinuxだと起動しないという話は見たが…。steamフォルダ内には64bit版のファイルなどあるのだが???
さっぱり訳がわからない。

steamがダメならGOGはどうだ?と思ったのだが、「The game comes with a 32-bit binary only.」と32bit版のものがほとんだ。32bitのライブラリをインストールでイケそうなのだが、手持ちのGOGのゲームはちょうど64bit版でも動くものしかない(FTLとか)ので試せない。

M&BはsteamのキーがTaleworld公式でダウンロードしたものにも使えるので、GOGで確認したあらかじめ必要とされている32bitライブラリをインストールしてからWineで起動を試すもダメっぽい。(たぶんWineの設定やdllのインストールを間違ってる)→(追記:その後、Wineを32bit版にしたら不完全ながらも動作するようになった。)

Archwikiでsteamについて調べるとmultilibの有効化が必要らしい。「ソフトウェアの管理」から探すとバージョン違いなどが大量に出てくるので、どれをインストールしたものか迷う。まあいいやでとりあえずubuntu16.04.4まで対応というそれだけの理由で「Gcc-5-multilib」を選択。

multilibが効いているか確認する前に他のサイトで64bitディストリビューションでのsteam起動法があったのでそちらを先に試したら、何か普通に起動しちゃった…。

「LinuxでSteamが起動できないとき!」alpaca2unix blog

その後、スタートメニューのsteamアイコンクリックでも普通にsteamが起動するのを確認したのでmultilibも効果あったのだと思う…がよくわからん。ゲームに必要なライブラリはsteamに同梱されているので自分で揃えなくてもOK。(ただし少し古いバージョンだ、最新版を使いたい場合は一手間かかる。)

動作確認したゲーム

自分の所有しているゲームでLinux対応しているものは1/3程度。とりあえず確認したものをいくつか。

Mount&Blade Warband

ゲームそのものの動作は完璧なのだが日本語MODの表示が少しおかしく、フォントがWindows環境よりも妙に荒く読みづらくなる。WineでWindows版を動かした場合の日本語表示は正常なのでそちらのほうがいいかも…。

Borderlands2

steamのストアページではATIチップセットは未対応と書かれているが、A10-7850Kでも起動とプレイ可能なのを確認。なお、Linux版だと言語設定に日本語が存在しない。そのためWindows環境でいったんインストールしてからLinux版へ日本語ファイルのコピー及びリネームと設定ファイルの書き換えが必要。(検索すれば詳しいやり方はすぐ見つかります)

The Witcher2

RADEONはAMD製ドライバのみ対応でオープンソースのMESAドライバは未対応と書かれているが、こちらもMESAドライバで動作は確認。ただしA10-7850Kでは解像度を1280×720まで落としても重すぎてまともなfpsが出ない。とてもプレイする気にはなれず…残念。

 
スポンサーリンク