RADEON HD7850でのMoneroマイニング試算

2017年5月29日


マイニングしても電気代の無駄にしかならないというのは本当なのか?久しぶりに旧製品とはいえミドルクラスのグラボを入手したので自分で試して確認してみたくなった。

今回入手したグラボはMSIのR7850 Power Edition。RADEON HD7850のPitcairnはPolaris世代が出るまで延々リネームされてなんとR7 370まで使い続けられた代物。MSIの7850PEはOC品の癖に電圧低めで消費電力抑えめだ。OpenCL性能はシェーダー数とクロックでほぼ決まってしまうようなので、ぶっちゃけワットパフォーマンス的には最新のRX4x0以外なら大差なかったりする。これならちょっと試すぐらいいいでしょう。

マイニングはよくわからんのでメジャーっぽい「MinerGate」でアカウントを作成。掘る仮想通貨はMonero(XMR)を選択。同時にFCNも掘る設定だが、こちらは価値が低くてほんとにオマケだね。
Ethereumのほうが価値が高いようだがVRAM2GBのグラボではツールがうまく動かず掘れないのが悲しい。

MinerGate公式の掘りツールはわかりやすいのだが、性能が低いのか7850PEで100~150h/sぐらいしか出ないため電力効率は激悪。Claymore CryptoNote GPU Minerなら消費電力は同じで370h/s台になるのでこちらを使うべき。7850PEデフォルトのコア950MHzにドライバはCatalyst15.12だと371h/s、15.7なら380h/s前後。最新版のGPU Minerは15.12用となっているが15.7でも動作に支障はないみたい。
→現時点での最新ドライバCrimson ReLive 17.4.1を試したところ、なんと15.12比で8%ほどアップの402h/sが出た。

Claymore CryptoNote GPU Miner実行画面

掘り中は7850PEのみで80W台を消費。KaveriのCPUとiGPUは7850PEの効率に全く及ばないので回すだけ電気のムダ。PCの画面描画はKaveriに任せて7850PEは掘りに専念させれば、レートにもよるがギリギリ黒字になりそうな感じではある。
それにどのツールでも掘りに全力使い切ってしまうので描画は別GPUに任せないとPCの操作もままならなくなる。※Claymoreなら 「-li 1」でLow Intensity modeになり3h/sほど低下する代わりにブラウジング程度なら支障がないレベルにはなる。

従量電灯Bの2段までという前提で試算すると80Wの24時間で電気代が50円切るぐらい。という事は1時間あたり2.08円以上掘れればペイする…はず。参考までに書いておくと370h/sで掘れるのは1時間につきXMRで0.0011前後。現在の1XMRが2200円ぐらいなので電気代をさっぴくと1時間0.34円、1日回して8.16円ほどの稼ぎ。(追記:省電力設定を詰めた結果387h/sで約60Wとなりもう少しマシになったかも。)

月に300kWhを超え3段までいってしまったら電気代の単価が上がってしまうので儲けが出るかどうかも怪しくなってくる。(4月現在だと超過分1kWhにつき26円→30円へ)
しかもグラボの消費電力のみで試算して初めて黒字になるので、あくまで作業の裏で掘るのならという前書きもつく。外出中や就寝中に計算させると赤字になるので電源落としてたほうがマシだ。複数グラボを挿して電気料金プランを見直せばそのへんは緩和されるかもしれないが、投資額を回収できるとはとてもとても……。

RX470で掘り速度がアップしたとしてもたかが知れてますなぁ。RX470が1枚で1日に利益が20~30円ぐらい?

という訳でやっぱり日本の電気料金でマイニングするだけ無駄無駄無駄ァですね。
MinerGate推薦のChangellyでMoneroをBitCoinに交換するには最低でも0.39XMR必要で、そこまで貯めるには400h/sでは約390時間、つまり1日中回しても半月以上かかる計算。どうせレートの変動に怯えなきゃならんのであれば、いっそ仮想通貨を購入してスキャルピングするなり運用したほうがなんぼかマシかも。

追記:MinerGateでのZcash掘り

今だとAMDのGPUの場合はZcashのほうが稼ぎはよさ気ですなぁ。こっちはグラボ追加して掘る価値ありかもしれん。 → たまたまMinerGateでブロックの発見率がやたらに良い時に自分が掘っていただけだった。SuperNovaなど他のpoolも試したが、結局のところMoneroのほうがちょっと収益?は上だった。

MinerGateでZcashを掘る場合Pool statsを確認してからが鉄則ですなぁ。数日ブロックが発掘されてない状態から掘りに参入しても実入りが少なすぎる。発掘してから間が空いてないのなら数時間掘って後は宝くじ感覚で様子見。こんな感じで試して見ますかね。

ともかく、MinerGate公式のGUIツールがZcashに対応していないせいか参加者が少ない→そのぶん1ブロックあたりの配当がデカい。参加者が少ないpoolの悲しさで酷い時は1週間や10日ブロックが掘れなかったりするが、運がいいと1日に3ブロックも見つかったりする事も。

つまりMinerGateではリアルタイムでザクザク採掘されるMoneroはShare数と採掘量がほぼ比例するが、ムラの多いZcashの場合下手すると5分しか掘らなかった時と10日フルで掘った時とで同じ採掘量にしかならない可能性もある。1日で発掘されなかったら素直に撤退して次のタイミングを待つなど自分で損切りルールを決めておく必要がある。(ZcashはPPLNSのみ、MoneroはPPLNSとPPSを選べる。)

こういった点を理解していればMoneroよりも時間あたりの稼ぎは大きくなるかと。最近Moneroの難易度が下がったようで少し利益が出やすくなったが、それでもZcashのほうが今のところは2~3倍ぐらい効率がよい感じ。ただ、MinerGateでZcashを掘る人が急増しているのでこれから先どうなるか全然わからん…。

(5/29追記:MinerGateのZcashでPPLNSだけでなくPPSが選べるようになった。ちょっと回してみた感じではPPSだと効率悪いようだった。やはり、すぐに発掘される事を祈ってPPLNSのほうが期待値は高いだろう。つーか時給換算でMonero以下って……。ZcashもMoneroも難易度が上がったようで掘りづらくなったせいもあるけれど。→と思ったらまたPPSが消えていた。何が何やら……
それと最近MinerGateのサーバーがおかしい。掘ったぶんのshareはちゃんとカウントされているようだがUnconfirmedへの反映が異常に遅れたり…。)

追記:2017年4月ぶんの稼ぎ

ついに4月ぶんの電気使用量が出た。前年より24kWh増で2段料金に収まっているから24×26で624円電気代が増えた事になるのかな?
MoneroとZcashの稼ぎは合計して$10前後なので400円ほど儲けがでた?両方とも価格が上昇してたからか。でもまだ換金して利益確定した訳じゃないからなぁ。
(追記の追記:Zcashの高騰もあって気がついたら3000円以上利益が出てた…。)

 
スポンサーリンク