Windows7から10にして速攻で7に戻した

一応は念の為にWindows10の権利だけは確保しておくかと思ったのだが、OSのメジャーバージョンをまたいでのアップグレードなんて危なっかしくてしたくもない。という訳でクリーンインストールを選択。

別に空いてるディスクがあればそちらにインストールするのが楽なようだが、自分の場合はDSP版なので微妙に心配。今はチェックが緩いようなので電話認証とかそうそうならないとは思うのだが…7で使ってるシステムディスクを使う事に決定。

尚、自分は自作派なのでWindows10の権利を手に入れたほうがちょっと得かな~と思ったのでクリーンインストール→認証をした。しかし普通にPCを購入しているようなユーザーならWindows10へのアップグレードは特にメリットがないような気がする。どうせPC買い替えたら最新のOSがプリインストールされてるだろうし。

10じゃなきゃダメなのってゲームでDirectX12を使いたいとかぐらいかねぇ。古いOSよりセキュリティ云々は、そもそもOS付属のIEとかMSEのできがアレだったんで、それ込みでの「当社比」ぐらいの戯言と思って眉に唾をつけてかかるべし。メディアが煽るの商売だからね。

 
スポンサーリンク

AOMEIでバックアップイメージ作成

事前にバックアップをとろうと思ったのだが、Windows7Homeのバックアップは接続しているSSD・HDD全て含めちゃうのでサイズが巨大になりすぎる。(ドライブをパーテーションで分けてる場合は最初の1個めだけが対象になる。)
バックアップ先は外部接続のものか、十分な容量のパーテーションが空いていればいいのだが…そんなものはない。OS標準の機能が使い物にならないのは昔からずっと変わらんなぁ。

AOMEIBU

そこでいつものごとくフリーソフトを頼る事にした。
AOMEI Backupper Standardというやつの7向け軽量版だ。
最初から日本語化されているので操作に迷う事もない。

作成したバックアップイメージから戻すために「ブータブルメディアの作成」もしておく。この機能を使うには「Windows® 7 用の Windows® 自動インストール キット (AIK)」が必要になる。

Windows10のインストール

Windows10のクリーンインストールにはMSのMedia Creation Toolというのを使う。
アップグレードじゃなくて「ツールを今すぐダウンロード」を選択する事。ダウンロードしたツールを起動→10のISOイメージをダウンロードしてDVDかUSBメモリにブート可能なディスクを作成。

W10MediaCreationTool

後は念の為、PCを必要最低限の構成にする。データ用HDDなども何を書き換えられるかわかったもんじゃないので外しておく。
インストールの準備はこれで一応完了。

DVDかUSBから起動してクリーンインストール、ProかHomeを選択する。
7の入ったディスクにそのまま インストールしようとするとMBRがどうとか注意されるので、パーテーションを全て削除してまっさらな状態にするとディスクを選択可能になる。
プロダクトキーの入力もスキップして先に進む。インストール終了まで何気に時間がかかり、プログレスバーのような進捗表示がないので少し不安になるが我慢して完了を待つ。

情報収集に関してはクリーンインストール直後なのでどう設定しても問題はないと思うが一応全てOFFを選択。

インストール完了してデスクトップが表示されたら「システム」からWindows7のプロダクトキーを入力してライセンス認証を確認。(必要ないそうだが念の為10のプロダクトキーを控えておいた。)

そのままWindows10を使おうかとも考えたのだが環境を再構築する手間を考えるとちょっと勘弁である。やはり計画通りに7に戻す事にした。

Windows7のリストア

7→10にしたシステムドライブをまた7に戻す訳だが、ちょっとてこずった。

普通にAOMEIで作成したメディアから起動してCドライブに7を戻そうとすると10で作成されたGPTやらが残ったままになってしまうっぽい。ちょっとぐらい容量が減っちゃうけどまぁいいかとも思ったのだが、リストアに異様に時間がかかるし戻した後も不安なのであまり気分がよろしくない。

そこでディスクをフォーマットし直すために7を再度インストールしてからAOMEIのディスクでリストア。今度は処理が速い。ドライブレターがCじゃなくなっているのが気になるが…

バックアップした時点に戻ったはずなので外したHDDなどを繋ぎ直して環境を戻してから再起動。ズレていたドライブレターはWindows7起動が完了後に元のCに戻った、やれやれ。

あっさり以前の環境が復活したかに見えたのだがマウスのホイールがスクロールでなく文字の拡大縮小になってしまい焦る。しかし、それもマウスの設定やら何やらあれこれ確認していたら勝手に直ったのでまあいいか。

ってよく見るとSSDに100MBほどの小さいパーテーションができてる…。特に何かに使用されてる訳でもないようだし削除しても問題なさげ。しかし容量がちょっともったいないなぁ


これでドライバの供給などに不安がでるまでは7を使い続けても大丈夫そうだ。認証を済ませておいたのでその時は10をインストールして使えるはずだ、たぶん…
どうせ10にしたくなる頃には自分のマシンの構成もかなり変わってるだろうから、認証が通らなくてOSを買い直さないといけなくなる可能性のほうが高い気がするけれど。

それにしてもWindowsはバージョンが上がる毎に使いづらくなる一方だなぁ。64bit版はなかったけど2000あたりが一番マシだった。XP→7とどんどん不自由かつ面倒臭くなっていく。セキュリティ向上のためしょうがない…というよりも「フールプルーフ」的な面が強すぎてどうにもこうにも…。それにしてもフールプルーフって凄い言葉だな、直訳したら「対バカ保証」「バカ対策」か?こんなストレートな言葉を使ってもいいのかと初めて見た時シビれたぞ。


PAGE TOP