マンガ

話として面白いだけでなく美大まわりの描写が色々と興味深い。同じ作者の『主に泣いてます』はあまり美大っぽい空気は感じなかったけれど『かくかくしかじか』の美大絡みの描写はトップクラスのリアルさ。いかにも「経験者」「わかってる」「こういう人いた~」な描写や台詞が多すぎ。

ただ作中でも書か ...

マンガ,

ラーメン発見伝の続編で前作から突然変異のように劇的に面白くなった。ラーメン素人の主人公が入社するのは芹沢達也が創ったコンサルタント会社。前作を研究し尽して完璧といいたくなるぐらい弱点を潰して練りに練ってきた見事な構成には感服。

マンガ,

これは一人の作家が自分のやりたい事とやりたくない事を自覚するまでの話なのですね。前半はどこかで見たようなキャラクターにテンプレ的・ありがち・偽善的なお話ばかりで正直読むのがしんどい。後半から徐々に『LEVEL E』『HUNTER X HUNTER』のような作品へとつながっていくような進化が見え ...

マンガ,

東京大学物語だがオチが酷いマンガというと必ず名前が挙がる。しかし実際に読んだ感じでは物語の締めかたに悪印象はなかった。このオチはかなり早い段階から決めていたはずで、それまでの描写とラスト数話の対比は見事だと素直に思った。

マンガ,

曽田正人の作品は『カペタ』『シャカリキ』『め組の大吾』と読んで自分の中では外れのないマンガ家だったんである。『昴』(『MOON』含む)は話の閉じかたが個人的には微妙だったけれど物語としてはとても好き。『カペタ』が終了して次の作品という事で期待しすぎていたのかもしれない。でもなぁ、まさかこんな何 ...

マンガ,

永井豪は最近はもう微妙な作品ばかりだったんで完全にスルーしていた。「タイトルからしてバクマンのパクリじゃん」とか良い印象がなかったんだが読んでみるとこれが実に面白い。

内容的にはデビルマンを今風に描き直しのダイジェスト版パートと永井豪ならぬ「ながい激」を主人公にした舞台裏パートから ...