マンガ,

新谷かおるの作品の中ではマイナーなほう?ラリーを題材にしたマンガって珍しいんじゃないかな。『バランサー』と同じくどう見ても打ち切りものですが、あちらと違ってグダグダではありませぬ。

全5巻と短く内容もそこそこまとまっているので、新谷マンガ初心者に魅力を伝えるのには『ふたり鷹』『エリ ...

マンガ,

新谷かおる作品は基本的に好きなのだが、これはちょっとアレな作品。週間少年サンデー掲載だったが、謎の路線変更で訳のわからん作品になっている。

タイトルからして色々な勢力間のパワーバランスをとる調整者というような意味合いだったのだと思うのだが……。何でも、この作品の概念が元になって『砂 ...