NNDDで音が途切れて困る

作業中のBGM再生にNNDDを使う事があるのだが、困った点がいくつかある。まず内蔵プレイヤーの再生支援をOFFにできない。
そして、NNDDでダウンロード済みにも関らずちょっとした負荷で音が途切れる事だ。ニコニコの動画ファイルの再生負荷なんてタカが知れているはずなのにどういうこっちゃ。

なぜ再生支援が切れないと困るかというとRADEONを使っているからで、こいつは支援を使うとどれだけ負荷が低かろうとムダにクロックを上げてしまうのだ。(最近のRX世代だとどうかは知らないが)
APUなら気にもならないのだけれど今はHD7850だし、寝落ちしてその間再生しっぱなしなんてのがよくあるから…。

対策

まずNNDDの内蔵プレイヤーでなく外部プレイヤーにMPC-HCを設定した。しかし音が途切れるのは何も変わらない。

再生支援を切って電気代と発熱を抑えるためにMPC-HCの設定で再生→出力→DirectShowビデオは「オーバーレイミキサー」を選択。(一応は再生支援ONのほうが負荷に強いようで途切れにくい?)

そしてオーディオレンダラは「内部オーディオレンダラ」。ついでに内部フィルタ→オーディオレンダラから「排他モード」をチェック。これが音の途切れ改善に効くようだ。

MPC-BEだと音声レンダラーをMPC Audio RendererにしてプロパティからWASAPI排他モードに設定で改善した気がする。

WASAPIのおかげでたぶん内蔵プレイヤーで聴くよりは音もいいはず。

RADEONの再生支援

Windows7だとFluid Motionも使えないので再生支援の有難味はあまりない。シークは支援有りのほうが速いくらいか。設定から各種高画質化機能をONにするとそのぶん消費電力も跳ね上がるし。RADEON BIOS Editorで動画再生のクロック設定を書き換えてしまうという手もないではないが…。

フルHDぐらいの動画なら支援を使うよりCPUのほうが電気を喰わないので、そのぶんをmadVRにでも使わせたほうが画質と消費電力のバランスは良くなるんじゃないかと思う。

そんなこんなで
低消費電力設定のMPC-HC
madVR+SVPのMPC-BE
再生支援ONのMPC-HCx64
の3種を使いわけるなんてアホな状況になってる。

スポンサーリンク